木下優樹菜、インスタ開設でファンと交流直前に「記者についていた嘘」

週刊女性PRIME / 2020年9月7日 21時0分

2020年9月、直撃取材を受ける木下優樹菜

《木下組のみんなへ(ハート)会いたいとずっとずっと思ってくれていたり ずーっと優樹菜を想ってくれたり動画を作ってくれたりしてくれて見ました♡ゆきなの周りのみんなと話し合って 木下組とリモートで会う事にしたよーーー》

 芸能界を引退した木下優樹菜が9月1日、新たに開設したインスタグラムで“木下組”と呼ばれるファンに向けてこう綴った。

「芸能活動を自粛する前は、BBQイベントなどを通したファンとの“交流会”を開いていました。しかし“タピオカ騒動”があってからはできていなかった。芸能界を引退しても、根強いファンの期待に応え、活動を再開したのでしょう」(芸能プロ関係者)

 木下が芸能界を引退する発端となったタピオカ騒動からそろそろ1年がたつ。しかしいまだに収まってはいない。

「9月2日に東京地裁で損害賠償訴訟の第1回口頭弁論がありました。双方の代理人弁護士のみが出席し、木下さんは姿を見せていません。木下さん側はタピオカ店の給料の未払いや、給与明細の未配を指摘。裁判所が原告のタピオカ店オーナーに事実確認の書面提出を求め、閉廷となりました」(スポーツ紙記者)

そもそもなぜ和解できなかったのか

 ダイレクトメッセージ(DM)での恫喝めいたやりとり、活動自粛、さらには離婚発表……振り返れば目まぐるしい展開の1年だった。

昨年7月、木下さんはSNSに彼女のお姉さんがタピオカ店のオーナーかのような投稿をしましたが、実際にはお姉さんは従業員。考え方にも違いがあったようでオープン後すぐトラブルに発展し、木下さんは“もうお店には行かなくて大丈夫”とファンに向け投稿。一方のオーナー側は、彼女から送られたDMを公開しました。その文面が恫喝じみたものだったのです」(同・スポーツ紙記者)

《そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー。もーさ、やめなぁ? 覚悟決めて認めなちゃい♡おばたん♡》

《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》

 メッセージのインパクトは強く、ワイドショーで連日取り上げられ非難が集中。

「姉を思っての行為だっただけに、木下さんも“感情的になりすぎた”と謝罪文をオーナー側に送りました。しかし、謝罪と同時に口止めの提案もしていたことがわかり、火に油を注ぐ形となったのです」(同・スポーツ紙記者)

 燃え上がった炎は勢いを増し、活動自粛に追い込まれる。さらに、思いもかけぬ方向から爆弾が飛び出した。

「“ネット民”が木下さんの過去のSNSを掘り起こしました。すると“タテ読み”で《たかしあいしてるずーーっと》と読めるインスタグラムの投稿が発見され、サッカーの乾貴士選手との不倫が疑われたのです。その1年前には、乾選手のインスタにも“タテ読み”で《ゆきなあいしてる》と読める投稿も見つかりました」(ワイドショー関係者)

 夫のフジモンこと藤本敏史は木下をかばう姿勢を見せていたが、大みそかに離婚。夫婦としてのすれ違いや生活のズレが原因だとしていたが、タピオカ騒動や不倫疑惑が影響したともいわれる。

「おしどり夫婦と呼ばれたふたりでしたが、好感度は下がってしまった。木下さんはインスタのフォロワーが530万人を誇る人気ママタレだったのに、元ヤンキャラがマイナスになっています」(前出・スポーツ紙記者)

 それでもまだ芸能界に居場所があると考えたのか、今年7月1日に活動再開を発表。しかし、その5日後に芸能界引退宣言という劇的な展開に。

所属事務所は“今後、同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断した”とのコメントを発表。浮気相手がいたことが問題となったのでは……とも報じられました」(同・スポーツ紙記者)

 そもそも、なぜ和解できなかったのか。

ユッキーナを直撃!

木下さんは所属事務所に相談し、示談を模索。タピオカ店のオーナー側に“1000万円を払うから矛を収めて”と申し出ました。ところがオーナー側は弁護士を立てて、突っぱねた。“1000万円では足りないから2000万円は用意してほしい”という内容だったそう。自粛中の木下さんにとって2000万円というのは大金。弁護士と相談し、裁判になってもしかたがないという結論に至ったのです」(前出・ワイドショー関係者)

 争点は金銭の補償なのか。裁判の翌日、タピオカ店のオーナーに話を聞くと、穏やかな口調で話しだした。

─1000万円での示談を突っぱねたと聞きましたが?

うーん……ここまでに至る経緯がとても複雑で、いろんなことがあったんです。だから、どこから話していいかわからないし、何を話していいかわからないんです

─裁判は金銭の補償が目的?

この裁判では、賠償金はそこまで高額な金額にならないと思います。損害賠償は名目であって、私としては真実を明らかにしたいと思っています。いろいろな方に心配もかけましたし。とにかく優樹菜さんの言ってることは事実でないことばかり。給与の未払いも、明細の未配もない……。だから裁判で嘘を暴いて、真実をハッキリさせたいと思って提訴しました

─木下さんが芸能界を引退したことについては?

ウチが原因ではないと、本人もメディアでおっしゃっています。私は真実を明らかにしたいだけ。恨むとか、そういう気持ちはないですね。騒動の当初は騒がしくなりましたけど、今は周囲の方に支えていただいて営業させてもらっています。ただ、いまも“潰れろ!”とか嫌がらせのようなメールは来ます

 木下にも自宅から出てきたところで話を聞いた。ストリートラグジュアリーブランド『オフホワイト』のタンクトップに『グッチ』のベルトを巻いたジーンズ姿。肩には高級レザーブランド『ロエベ』のハンモックバッグ。スラリとしたスタイルは健在だ。

─引退を発表して2か月がたちますが、芸能界に未練はないんでしょうか?

まったくですね。事務所も辞めていますし

 声をかけたときは、驚いたような表情を見せたが、話をすると笑みがこぼれた。吹っ切れた様子で、雰囲気もいたって明るい。

─今後、何かを発信していく予定はありますか?

いやいや……。ないですよ

 母親として、子育て中心の生活を送っていくのだろう。そう思っていたら、直撃から数時間後の夜に冒頭のインスタグラムを新規開設したのだった……。

 この1年で、順風満帆な生活から一転したが彼女はどこまで転がり続けるのか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング