ジャニーズの退所ラッシュ、ベテランの辞めかたの変化と「去る者・残る者」

週刊女性PRIME / 2020年10月1日 21時0分

退所を発表した長瀬智也、植草克秀、錦織一清と、すでに退所した中居正広

 ジャニーズ事務所を12月末に退所することを発表した、少年隊の錦織一清と植草克秀。東山紀之は事務所に残り、「少年隊」の名前も東山とともに残すことになるという。

「3人はそれぞれの道を歩んでいきますが、亡くなったジャニーさんが命名した名前は、この先も残していきたいと希望したといいます。TOKIOの長瀬智也も来年3月にグループの脱退と退所を発表しており、残る城島茂、松岡昌宏、国分太一の3人は、ジャニーズの関連会社となる『株式会社TOKIO』を設立し、彼らも名前を残す方針です」

 と語るのは、ある芸能関係者。SMAPまでは“解散”というカタチを取ってきたが、少年隊もTOKIOも解散とはいわず、名を残すというカタチで落ち着いた。

 その背景には、ジャニーさんイズムが根付いていると同関係者。TOKIOという名前は、もともとは男闘呼組のグループ名候補のひとつで、メンバーが却下したというのは有名な話。ジャニーさんは、自分が気に入ったネーミングには思い入れが強く、今でも消すことなく、その名は長く受け継がれている。

この10年、止まらぬ退所ラッシュ

光GENJIが平成最初に出したアルバム『Hey! Say!』という表記は、18年の時を経て、Hey! Say! JUMPに引き継がれています。ほかにも'80年代に活躍した忍者の初期のグループ名・少年忍者は、現在そのままジャニーズJr.の人気グループとして再生されました。美 少年の前身グループ名、東京B少年も、かつて存在したジャニーズJr.のグループ、Aぇ少年ありきでのものでした。

 ジャニーさんが生きていたら、少年隊やTOKOの名前も『少年隊Ray! Wa!』とか、『TOKIO 2020』とか、独自の感性による閃きで、次世代を担う新グループにその名を継承することもあったかもしれませんね(笑)」(同関係者)

 名前を残すことは決まっても、少年隊にTOKIOと、ベテランジャニーズの退所が相次ぎ、彼らのグループ活動が見れないのは寂しいところ。

 退所ジャニーズを約10年ほど振り返ると、2010年に元KAT-TUNの赤西仁が退所したあとに'13年の田中聖、'16年の田口淳之介が続いた。そして元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎が、'11年の未成年喫煙による無期限謹慎ののち'14年に退所。'16年には、SMAP解散にともない稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、'18年には山口達也、そして同年の年末に今井翼と関ジャニ∞の渋谷すばるがそれぞれ退所している。

 '19年7月のジャニー喜多川社長の死去後には、同年9月に錦戸亮、今年3月31日の中居正広、6月19日に手越祐也が退所した。

 退所の理由は、自分が目指す活動のためや不祥事によるものもあった。その後の活躍については、順調な人もいればそうでない人も、さらには逮捕者まで出るなど、さまざまだ。

次なる退所者は、山下智久か!?

「いろいろやらかした挙句に辞めた手越は別として、今年に入ってからの中居、長瀬、少年隊の2人は、ジャニーさんが亡くなったこと、さらには姉のメリーさんの会長退任も加わり、自分の中での一区切りをつけての退所となったのではないでしょうか」

 と、あるテレビ誌記者は言う。ジャニーさんが生前、所属タレントを自分の子供のように思い、ときには厳しく、愛情を注いできたことは周知の事実。退所したタレントでジャニーさんを悪くいう声はほとんど聞こえてこない。

「悪口どころか、みな一様に声をそろえて感謝の言葉を寄せています。中居正広も、誰よりもジャニーズ、ジャニーさんへの愛が強かったから『新しい地図』と同じタイミングで退所するのではなく、今年の春まで活動を続けたのでしょう。新しい世界に飛び出すにしても“ジャニーさんがいるうちは”という気持ちの人は少なくなかったと思います」(同前)

 ジャニーさんの存在という求心力を失ったことが、退所ラッシュの大きな要因のひとつだということだ。

 現在、ベテランジャニーズの退所が相次いでいる。ジャニーズには近藤真彦、東山紀之、木村拓哉という幹部級の面々が残っているが、今後、人気グループの退所を食い止めることはできるのだろうか。

「ジャニーさんがいなくなり、ジュリー社長や滝沢秀明副社長には残る義理立がないという人もいれば、しがらみとは関係なく今後はシンプルに活動したい人、またTOKIOのように子会社や関連企業という形で独立や退所していく人は出てくるでしょう。謹慎中の山下智久も海外へ視野を広めていますから、ここで活動を控えるなら、いっそのこと外に飛び出す、という決断もあるかもしれません。

 同時に先輩たちの姿を見て、この先もジャニーズに残ると心に決めた人もいるはずです。嵐の活動休止が発表されて以降、キンプリやSixTONES、Snow Manと、若手グループの活躍が目立つようになり、この先は世代交代が一気に進む流れになるかもしれませんね」

 ジュリー社長と滝沢副社長の求心力が試されているところかもしれない。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング