Cocomiのフルート“東フィル”デビューを見守る工藤静香とKoki,が目立ちすぎた

週刊女性PRIME / 2021年1月13日 6時0分

工藤静香とCocomi、Koki,

 木村拓哉と工藤静香の長女でモデル活動も行うフルート奏者のCocomiが、1月3日に渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催された東京フィルハーモニー交響楽団の『ニューイヤー・コンサート2021』にゲスト出演した。会場には彼女を見守る“あの人たち”の姿がーー。

「母親の工藤静香さんと妹のkoki,さんが見に来ていましたよ。芸能人らしく、ブランドのバッグを持っていて目立っていましたね。父親の木村拓哉さんの姿はありませんでした」(コンサート関係者)

 現存する日本最古のオーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団は、NHK紅白歌合戦や東急ジルベスターコンサートなどの演奏でもおなじみの名門オーケストラ。それだけに現在、音大に通う学生であるCocomiがゲスト出演することが発表された際は、

《キムタクの娘なら東フィルと共演できるのかよ》

 といった声も一部で上がっていた。しかし実際に演奏を見た人たちからは、ネット上を中心に絶賛の声が相次いでいる。

《Cocomiさんめちゃくちゃフルート上手いのね。シャミナード吹けちゃうのかよ。あんなの音大一年生の音じゃないよ》
《Cocomiちゃんの生フルート演奏、贔屓目なしに素晴らしい》

「NHK交響楽団主席のフルート奏者で、Cocomiさんが通う音大で教授も務める神田寛明氏に師事していると言われているだけあり、フルートの腕前はプロレベルです。インスタグラムにも神田教授と同門の先輩である東京フィルハーモニーフルート首席奏者の神田勇哉さんとの写真をアップされていましたが、そんな一流の方々も彼女の実力を認めているという証でしょう」(スポーツ紙記者)

ファンからのプレゼントに神対応

 この日は父親の木村拓哉が主演を務めるスペシャルドラマ『教場2』(フジテレビ系)の前編が放送される日でもあった。家族みんなでドラマを見るのか、公演が終わってまもなくCocomiも交えた親子3人が楽屋裏から駐車場に姿を現した。静香は茶色のマスク、姉妹は黒のマスクを着用。また、親子でそろえたのか、全員黒のコートを身にまとっている。

 静香はルイ・ヴィトンの50万円前後するショルダーバッグをさりげなく合わせる大人コーデ。Kokiは会場入りするときは持っていなかった、カジュアル系ブランド『LOWRYS FARM』のショップ袋を提げていた。

Cocomiさんは出待ちしていたファンからサンタの長靴に入ったプレゼントを渡されると、笑顔で対応していましたね。koki,さんがアンバサダーを務めるディオールからもプレゼントをもらったのか、大きなディオールの紙袋を運転手の女性から渡されていました。3人は後部座席に乗り込んだのですが、駐車場を出るときもわざわざ窓を開けて軽く会釈するなど、最後までファン対応してくれましたね」(出待ちしていた女性ファン)

 神対応でファンのハートをがっちりつかんだ木村ファミリー。今年も、彼女たちが日本中の話題を独占すること間違いなし!

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング