小川彩佳アナの超エリート夫が不倫、暴かれた背景に「芸能人を嫁とり」のリスク

週刊女性PRIME / 2021年2月5日 21時15分

小川彩佳(『テレビ朝日 アナウンサーズ』チャンネル、2018年より)

 元テレビ朝日アナウンサーで、報道番組『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターを務める小川彩佳アナにまさかの“文春砲”だ。

 2019年7月に交際1年を経て小川アナと結婚した、医療ベンチャー企業『メドレー』代表取締役の豊田剛一郎氏が、妻とは別の女性と逢瀬を重ねていたことを、2月4日発売の『週刊文春』が報じたのだ。

「『文春』によると、豊田氏の不倫相手・Aさんはウェブ関係の仕事をする女性で、小川アナとは同い年。結婚した頃にはもう親しい関係にあったと言います。豊田氏とAさんの出会いは2017年末で、小川アナと交際する前とされていることから同時並行で会っていたのかもしれません。

 昨年7月に第1子を出産すると、その3か月後には早くも仕事復帰した小川アナ。キャスターとしてコロナ禍の自粛を訴え続けた妻を尻目に、夫はというと今年1月に緊急事態宣言が出たあともAさんの自宅マンションを訪れていたというのです」(ワイドショースタッフ)

 さらに文春では、豊田氏がAさんに引越し費用と毎月10万2000円の金銭的援助をしていたことや、小川アナが仕事と育児の両立に追われている傍で3泊4日の沖縄旅行を楽しんでいたことも明かされた。

 元衆議院議員を父に持ち、自身は開成高校から東京大学医学部に進学。卒業後は都内の病院で外科医として勤めたのちに、外資系コンサル大手『マッキンゼー・アンド・カンパニー』を経てメドレー社の代表取締役医師に就任するという輝かしい経歴を持つ豊田氏。そんな“超”がつくほどのエリート街道を歩んできた“切れ者”がなぜ不倫に陥ったのか、いや、キャッチされてしまったのか。

芸能人妻はハイリスクにもなる

 『週刊文春』では、Aさんとのツーショット写真も掲載されたのだが、そこにはマスクは着用するも他はいっさいの変装をせず、むしろマスクがズレて鼻も飛び出した“素顔”を晒(さら)している豊田氏の姿があった。とはいえ、売れっ子芸能人でもない彼らは側から見れば普通のカップルそのもので、まさか超人気アナの夫とその不倫相手とは見られないだろう。彼自身もまた自分が張り込まれているとは世にも思うまい。

そこが“芸能人を妻”とするリスクなんです。話題性あるベンチャー企業の社長であることからメディア露出もそれなりにあった彼ですが、仮に結婚相手が一般人だったのなら、たとえ不倫をしていたとしても週刊誌にスッパ抜かれることはなかったでしょう。しかし、彼には“小川彩佳アナの夫”という肩書が加わったことで、週刊誌のターゲットになりえる存在になったのです」(スポーツ紙芸能デスク)

 芸能人を“嫁とり”したことで週刊誌に名前が踊った人物として、2017年4月に女優の菊川怜と結婚した『クックパッド』元社長の実業家・穐田誉輝氏のスキャンダルが思い出される。

 2019年1月、『週刊新潮』が穐田氏に4人の婚外子がいること、さらにその内ひとりの子どもの母親で不倫関係にあった女性から養育費の支払いを求めて訴えられていたことを報じたのだ。この1件も、本来ならば人知れず裁判がおこなわたのかもしれない。

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏も「“菊川怜の夫”であるがため」とし、

「また南野陽子さんが結婚(2010年)した経営者男性も、のちに金銭トラブルや女性問題が報じられることとなりました。一般人ではありませんが、先日に2度目の不倫が発覚した中村芝翫さん。最初の不倫が撮られた時、本来なら“芸の肥やし”などと笑って軽く済まされたのかもしれませんが、奥さんが誰もが知る三田寛子さんだったからこそ騒動が大きくなったと思えます。すこし形は違えども、石原さとみさんの場合も言えますね」

高スペックすぎる“一般男性”

 昨年10月に結婚することを発表した石原さとみ、同じく今年1月に結婚した河北麻友子の夫たちがそれだ。両名ともお相手の素性を明かさずに“一般男性”としたのだが、次第に夫の“高スペック”ぶりが明らかにされた。

石原さんの夫は、大手外資系金融機関に務める東大卒のエリートで年収5000万円、さらにファッション誌に海パン姿で登場した過去も報じられました。河北さんの夫もまた実業家の“一般男性”とされながらも、かつて芸能活動をしていた元パリコレモデルだったことが判明。およそ“一般男性”とかけ離れた経歴の持ち主だったことに、世間は“やっぱりね”と思ったことでしょう」(前出・ワイドショースタッフ)

 彼らもやはり人気の女優、タレントと結婚したからこそ、過去を掘り返されてしまったようだ。そして万が一、何らかのトラブルやスキャンダルを抱えているとしたら、豊田氏らと同様に狙われる、暴かれるリスクもあるということ。

豊田さんは“バレければ大丈夫”という危機意識、“小川アナの夫”という当事者意識が薄かったのかなと思います。芸能界のスキャンダルとは無縁としながらも、反面、“有名になりたい”というミーハー心や、“自分は認められた人間だ”という強い自己顕示欲が、彼らが有名女優や有名タレントを妻に迎える理由なのかもしれませんね。秘密裏に芸能人と交際している方は“マーク”される前に今一度、身辺を見直した方がいいでしょう(苦笑)」(佐々木氏)

 文春からの直撃に当初はAさんとの不倫を否定するも、のちに「不適切な行動があった」と事実を認めた豊田氏。同氏はメドレー社の代表取締役を辞任し、16億円相当のストックオプションを放棄、さらには役員報酬を返上することを明らかにした。

 “身から出た錆”ではあるものの、芸能人を“嫁とり”したがために超エリートの経歴に大きな傷をつけることになってしまった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング