【独自】眞子さまと小室圭さんのご結婚、天皇陛下が会見で“認める”も課された「条件」

週刊女性PRIME / 2021年2月20日 21時0分

上皇ご夫妻も眞子さまのご結婚問題をそうとう心配されているはず(2019年12月17日)

 2月19日の夕刻、天皇陛下が4日後には61歳になられるにあたっての事前の記者会見が行われた。正式には23日に公になる内容だが『週刊女性』は独自に入手した。

 テレビ局や新聞社が所属する『宮内記者会』の記者たちが会見に出席し、前もって宮内庁に提出されていた全5問と、アドリブで出される関連質問の3問に陛下はご回答。

 その質問の中には、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についての質問も含まれていたことから、今回の会見にはいつも以上に注目が集まっていた。

記者たちが理解した「おことば」の“真意”

「“コロナ禍での皇室の在り方”や“雅子さまや愛子さまのご近況”や“この1年で印象に残った出来事”などの質問が記者から問いかけられました。コロナ禍で学習院大学に進学された愛子さまはオンラインでの授業を受ける日々でしたが、そのご様子をご覧になった両陛下は“学生時代に戻ったような気持ちになった”と感慨深く述べられていました。

 ただ、記者たちがいちばん注目していたのは、眞子さまのご結婚問題に対するご見解。この質問に対する陛下のお答えは、ほかの問いに対するご回答に比べて明らかに言葉が少なかったのです。

 陛下は“国民の間でさまざまな意見があることは承知している”と前置きした後、秋篠宮さまが再三おっしゃられているように“多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っている”といった主旨のおことばを述べられました。ということは、秋篠宮さまが認められるのであれば、眞子さまと小室さんのご結婚を“認める”という意味合いだと、その場にいた記者や関係者たちは理解したのです」(宮内庁関係者)

 昨年9月に紀子さまがお誕生日に出された文書で《長女の気持ちをできる限り尊重したい》と綴られ、続く11月には秋篠宮さまが記者会見で「結婚することを認める」と述べられている。

 そして今回、陛下は、秋篠宮さまの意見に沿われるという見解を示された。つまり、秋篠宮さまが求められている“見える形”で小室家が抱える金銭トラブルを説明することさえできれば、おふたりのご結婚をお認めになるということなのだろう。

小室さん側は、新年から延期されて3月に予定されている『歌会始(うたかいはじめ)』の終了後、金銭トラブルに関する説明を改めて行うことを検討しているそうです。

 国民からの批判は当然あるでしょうが、公に説明さえすれば、秋篠宮殿下が求められている“見える形の対応を”という条件を一応はクリアしたことになる。小室さん側が“義務”を果たすことと、今回の陛下のご発言も相まって、おふたりのご結婚は確定的となるでしょう。

 とはいえ、そもそも陛下のお誕生日会見において、ほかの家の結婚問題について問われること自体が異例であり、陛下も“巻き込まれた”形だと言えます」(同・前)

眞子さまの強い「お気持ち」

 会見で眞子さまのご結婚についての質問が盛り込まれたのは、昨年の11月13日に公となった文書が発端である。

「小室さんとの結婚に対する思いを強い表現で綴られた眞子さまのお気持ち文書の中に《天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっている》と記されていたことから、記者会としても陛下に聞かざるを得ない状況になったそうです。

 同時に、その重みを十分理解されているはずの眞子さまが、あえて天皇という名前を出されたということは、小室さんと結婚したいというお気持ちがそれだけ強いということなのでしょう」(皇室担当記者)

 陛下が会見で秋篠宮さまのご意向に沿われる形になったのは「眞子さまの計算なのでは」と、ある秋篠宮家関係者が語る。

「昨秋に“お気持ち文書”が出てから、たった2週間後の会見でお父さまが結婚をお認めになったのは、事前に父娘で文書と会見の内容をすり合わせていらっしゃったからだと思います。

 陛下としても、眞子さまが文書の中で“気持ちを尊重してくださっている”と綴られた手前、今回の会見では秋篠宮さまと同様のお考えであることを示さざるを得なかったのでしょう。

 11月末に秋篠宮さまが結婚を認められ、今回の天皇誕生日の会見で陛下が“同調”せざるを得ないように、眞子さまはお気持ち文書を作成する段階で、そのような内容にしようと熟考していた可能性もあるのです」

 ご結婚は既定路線とはいえ、天皇陛下の会見により、最終的に小室さん側には“重すぎるボール”が投げられた形となった。

「秋篠宮さまはこれまで、金銭トラブルへの対応や説明を求められていましたが、小室さんは文書を1度出して以降は、小室さん側は沈黙を貫いています。

 しかし、ついに天皇陛下からも“多くの人が納得し、喜んでくれるような状況にしてほしい”というお達しが出されたのです。

 皇室のトップである陛下の重いおことばから逃げられるはずもない小室さん親子は、早急に何らかの対応を取ることになるでしょう」(同・前)

 天皇からの“重すぎる条件”を受け、眞子さまと幸せになる未来を描く小室さんには、誠実な対応を期待したい――。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング