1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

好きな/苦手な「若手男性有名人」ランキング、佐藤健と菅田将暉が大接戦!

週刊女性PRIME / 2021年9月13日 11時0分

(左から)竹内涼真、菅田将暉、佐藤健、大谷翔平

 俳優やタレント、アスリートなど、表舞台で活躍している若手男性有名人たち。ただでさえ生き馬の目を抜く世界で戦っている彼らだが、最近では“ファンが求める魅力”のハードルが上がっているらしい……。

変化してきたイケメンに対する価値観

 斎藤工や吉沢亮など、名だたる人気俳優を無名時代から発見してきたイケメン評論家・沖直実さんは、昨今のイケメン事情をこう語る。

最近は、イケメンといっても外見だけでなく“イケてるメンタル”も重視されています。先日終了した『東京オリンピック2020』でも、数多くの男前が活躍しましたが、顔や筋肉などの外見はあくまで一要素。最近は彼らのストイックな一面や、気さくな人柄など、個人のバックボーンを知りたいと感じている人が増えています

 イケメンに対する価値観が変化した背景にはSNSの影響も大きい、と沖さん。

「昔は、俳優やアイドルはテレビの中の遠い存在でしたが、今は本人がSNSを通じて発信しています。身近になったぶん、個人の人となりにも興味を抱きやすい状況になっています。なので、容姿に加えて性格のよさや私生活に裏表のなさを求められるようになりました」

 若手有名人たちに、より厳しい視線が注がれるようになった令和。私たちはいったいどんな男性に感情を揺さぶられているのだろうか。

 そこで『週刊女性』では移ろう女心を解明するべく、大規模なアンケートを実施。「好きな若手男性有名人(以下、好きな若手)」と「苦手な若手男性有名人(以下、苦手な若手)」の名前と“一緒にしたいこと”や“苦手な理由”を回答してもらった。(※若手は回答者の年齢よりも年下有名人と定義)

◆  ◆  ◆

 好きな若手堂々の第1位に選ばれたのは、俳優の佐藤健(32)。年代別で見ても40代・50代・60代・90代でもトップを獲得している。「一緒にフルコース料理を食べて、最後にダンスをプレゼントしてもらいたい」(90代)という、ロマンチックなデート願望や「好きになってほしい」(40代)などピュアな思いも寄せられた。

「以前、佐藤くんのファン層は、20代・30代が中心でしたが、今はかなり幅広い層から人気を集めています。きっかけのひとつが、ラブコメドラマの『恋はつづくよどこまでも』(’20年・TBS系)。

 同作で彼が演じたドS医師がはまり役になり、10代や主婦のファンが急増しました。回答している40代以上の女性は『恋つづ』以外も朝ドラの『半分、青い。』(’18年・NHK)や、映画『るろうに剣心』で彼の魅力にはまった人が多いのではないでしょうか」(沖さん)

 彼に「色気」を感じるという意見も。今年の春に大手事務所アミューズから独立し、公式YouTubeチャンネルの開設など精力的に活動している佐藤健。90代にまでファンがいるとは、向かうところ敵なし?

 次いで票を集めたのが、俳優の菅田将暉(28)だ。2020年には、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、確かな演技力で主演を務める実力派。また、彼の個性的なファッションセンスも話題になるため「一緒に古着屋を巡りたい」(60代)「服について語り合いたい」(50代)など、ファッションに関するコメントも多く集まった。

 実は菅田将暉は“好きな若手”で名前が挙がっている一方で、“苦手”の回答も多く、各年代でワースト1位となっている。ただ、コメントを見ると「個性的すぎる」(40代)、「映画の中ですごむと怖い」(60代)など、演技力に対する評価と受け取れるものも。

「個性派の菅田くんが40代以上の女性に支持されているのは少し意外でした。おそらく、映画やバラエティー、歌手など仕事が途切れた時期がないので、印象に残りやすいのかも。好きと苦手の両方に名前が挙がっているのは、彼が第一線で活躍している証拠でもありますね」(沖さん)

 そして3位はNHKの大河ドラマ『青天を衝け』で主役の渋沢栄一を演じている吉沢亮(27)。端正な顔立ちが印象的な彼には「近くで眺めてみたい」(40代)など、とにかく間近で吉沢亮を拝みたいという声が多い。

「吉沢くんは、本当にきれいですよね。ただ、その美しさゆえにあまりリアリティーを感じないという人も多いかもしれません。

 大河ドラマの評判もいいですし、バラエティーに出演したときは“カニ好き”を公言して、パーソナルな面もアピールしています。今後は、女性たちにどれだけ親近感を抱いてもらえるかが勝負ですね」(沖さん)

 アンケートでも「一緒にカニを食べたい」(40代)という回答が。バラエティーの出演は、ファンとの距離を縮める機会になっているようだ。

アスリートでは大谷翔平がランクイン

 俳優陣が上位を占めるなか、アスリートで食い込んできたのがメジャーリーガーの大谷翔平選手(27)。特に60代・70代の女性から厚い支持を集めている。

「彼は本当に非の打ち所がない男性ですよね。才能と優しい人柄を兼ね備え、大谷翔平と書いて好青年と読みたいくらい。毎朝、大谷選手の活躍が報道されるので、朝ドラと同様に大谷選手をチェックするのが朝の習慣になっているんでしょうね。毎日見るうちに彼の虜になっていた、という人も多いはず」(沖さん)

 彼の朗らかなキャラクターからか「ホームラン対決をしたい」(70代)という猛者や「娘と結婚してほしい」(60代)など、恋愛対象ではない願望が多いのも特徴的だった。これからも海の向こうでスポーツシーンを盛り上げてもらいたい。

 ストイックさという面では、俳優の横浜流星も好感度が高い。彼は中学3年生のころに「国際親善空手道選手権13歳14歳男子」で優勝を果たした過去があるため「空手の技を見てみたい」(70代)など空手関連のコメントが多く寄せられた。職は違えど、武道の世界で残した実績は、かなりインパクトがあるようだ。

 そして沖さんは、今回の好きな若手の結果を総括して「結婚がマイナスにならない人が増えている」と感じたそう。

「10位内は難しいですが、田中圭くんや鈴木亮平くん、ディーン・フジオカさんなどすでに結婚していて家庭を大事にしている男性有名人も人気があります。彼らのように売れる前から結婚していると奥様を大切にしているイメージで好感度につながりやすいです。

 一方で昔は好きな有名人ランキングの常連だった福山雅治さんは結婚がショックで距離をとったファンも多いとか。ファンとの関係性や、結婚のタイミングにもよりますが、好きになる理由が以前よりも複雑化しているようです」(沖さん)

スキャンダルと言葉遣いが苦手の要因

 光あるところには影がある。好きな若手がいれば、苦手な若手も存在する。アンケートでは「とくにいない」が736人で最多だったが、挙がった名前を見ると、俳優やお笑い芸人、アーティストなどさまざまな職種の有名人が名を連ねている。

 1人はお笑い第7世代の筆頭としてバラエティーに引っ張りだこの霜降り明星粗品(28)。コメントでは「言葉遣いが荒く、品がない」(70代)、「何を言っているのかわからない」(80代)など、彼の発言に対して苦手意識を持つ声が挙がった。

「もしかしたら先輩に対する態度などが悪印象につながっているのかもしれませんね。とはいえ、80代の女性から名前が挙がるのは、お笑い芸人としてはインパクトを残す意味で成功かもしれません」(沖さん)

 そのほか『水曜日のダウンタウン』でクズ芸人として活躍する安田大サーカスのクロちゃん(44)には「ウソをつくから」(50代)という声も。お笑い芸人はバラエティーのイメージが苦手につながるケースが多いようだ。

 そして、苦手な若手アンケートで顕著だったのが“スキャンダル”の影響だ。2020年に不倫報道で世間を騒がせた俳優、東出昌大(33)に対して「誠意が感じられない」(70代)、「最低、杏ちゃんがかわいそう」(60代)など、彼の不貞に対する嫌悪感は今も根強く残っている。

 そして、当て逃げ事件を起こして逮捕された俳優・伊藤健太郎(24)は不起訴になったものの、いまだ表舞台には帰ってきていない。

「伊藤くんは朝ドラの『スカーレット』で、薄命の青年を演じて40代以降からも支持を得ていました。演技の評価も高く、まさにこれからの若手でしたが、本当に残念。不起訴とはいえ犯罪のイメージがつくと復帰は難しいですね」(沖さん)

 コメントでも「もう少し精進してほしい」(50代)、「事故を起こしたあとの対応や、謝罪時の印象から反省が感じられない」(40代)など、厳しい声が目立った。

 沖さんは、若手を好きになる理由と苦手になる理由には、共通項があると話す。

共通しているのは『清廉潔白さ』です。ファンはドラマや映画で見る有名人に人間的で誠実な人柄を求めています。

 一方、苦手になるきっかけも、不倫や素行の悪さなど、不誠実な印象を一度受けるとそれまでなんとも思ってなかった人でも、一気に苦手になってしまうようです。

 犯罪は言語道断ですが、昔なら許された“裏の顔”も、今は通用しなくなっていますね」(沖さん)

 ひとつのスキャンダルが命取りになる有名人たち。彼らは、華やかだが厳しい世界を生きているのだ。

解説してくれたのは……●沖直実(おき・なおみ)●イケメン評論家。1964年、東京生まれ。1992年にラジオパーソナリティーとしてデビュー。その後、FMやAMでパーソナリティーをしながら、2004年からイケメン評論家として「沖直実のいい男祭り」を開催。斎藤工、城田優や宮野真守、瀬戸康史などをいち早く発見。ネクストブレイクタレントやオリンピックアスリートなどのイケメン情報や傾向を情報番組や女性誌でコメントするなど精力的に活動。

山田邦子は山内惠介推し!

 年下の若手有名人を“好き”になると日々の活力につながる。今年、芸歴40年を迎えたタレントの山田邦子さんは、10年前から演歌界の貴公子・山内惠介を応援している。

きっかけは、惠ちゃんが私の生放送番組に出演してくれたときのパフォーマンス。本番中に彼は『白樺の誓い』という曲中にある『僕と結婚してください』というセリフを『邦子さん、僕と結婚してください』と変えて歌ってくれたんです。当時私は、惠ちゃんのことを知らなかったのですが、とても驚きました。それ以来、ずっと応援してますね

 惠ちゃんからの熱烈なプロポーズで始まった山田さんの“推し活”。彼の魅力は、なんといってもその歌唱力にあるという。

とにかく歌がすばらしい! コンサートでは演歌のほかに、ポップスや歌謡曲などさまざまな楽曲を歌ってくれるのですが、どれもバツグンにうまい。きっと見えないところでかなり練習しているんでしょうね。

 下積み時代が長くて苦労したから、うわついたところがなくて恋の歌や愛の歌、人生の歌にも説得力があるんですよね

 さらに、彼にしか着こなせないステージ衣装もコンサートの楽しみだとか。

総レースやスパンコールが施されたタキシード風のジャケットが本当に似合うんです。爪の先まできれいでビジュアルは王子様ですが、九州男児なので内面はとても男らしい。

 ファンへの神対応も、彼にとっては恩返しなんじゃないかな。とにかく仁義を通す男なんです

 そして何より、ファンの大きな愛が支えになっているはず、と山田さん。

コロナ禍のコンサートでは全員マスクをして、ひと言も発さずきっちりルールを守っていました。そんなみなさんを見て、惠ちゃんも涙が出たと言ってましたね。

 恒例だった握手会やサイン会ができなくても来てくれる、とてもいいファンに恵まれていると思います。座席にいるファンのみなさんはキラキラしていて、本当にステキ。私も年齢にとらわれず、これからも応援していきます!

お話を伺ったのは……●山田邦子(やまだ・くにこ)●1960年、東京生まれ。1980年に芸能活動をスタートし、その後『オレたちひょうきん族』や『やまだかつてないテレビ』などのバラエティー番組で一世を風靡する。NHK好きなタレント調査では、1988年〜1995年のあいだ8年連続1位を獲得するなどお茶の間の人気者に。2018年には長唄名取「杵屋勝之邦」を襲名。現在、YouTubeチャンネル「クニチャンネル」を配信中!

好きな若手男性有名人ランキング〈40代〉

※(順位)、名前、投票数、「主なコメント」の順

(1)佐藤健 30人「被写体として撮影したい」「好きになってほしい」
(2)菅田将暉 27人「お酒を飲みたい」「女装してチアリーディングをしてほしい」
(3)吉沢亮 26人「6歳の息子と一緒にプラモデルを作ってほしい」「一緒にカニを食べたい」/横浜流星 26人「ご飯を作ってもらいたい」「遊園地でジェットコースターに乗りまくりたい」
(5)北村匠海 12人「歌ってほしい」/平野紫耀(King&Prince) 12人「トークで笑わせてほしい」「一緒に遊園地で子どもみたいにはしゃぎたい」「ドッキリにひっかかるのを間近で見たい」
(7)坂口健太郎 10人「『おかえりモネ』ごっこをしたい」「ドライブ」
(8)松坂桃李 9人「あらゆる方向から動画を撮らせてほしい」
(9)新田真剣佑 8人「だらだらショッピング」「アメリカ旅行」

 その他 BTS、大谷翔平、星野源……各3人

好きな若手男性有名人ランキング〈50代〉

(1)佐藤健 45人「哲学的な話がしてみたい」「手料理を食べさせてほしい」「Hなデート」
(2)菅田将暉 40人「似合う服についての談議」「楽しそうに笑っていてほしい」「海にピクニックに行きたい」「波乗りしてるところを見てみたい」
(3)大谷翔平 19人「婿になってほしい」「私は身長が高いので、もっと大きな大谷選手と並んで散歩したりして、ちょっと小さい女性を味わってみたい」
(4)横浜流星 18人「あたまポンポン」「握手」「着物を着て京都散策」
(5)吉沢亮 16人「息子になってほしい」「キャッチボール」
(6)北村匠海 14人「一緒にハイキング」「歌ってほしい」
(7)松坂桃李 13人「食事をする」「耳元でささやいてほしい」
(8)坂口健太郎 11人「デート」/平野紫耀 11人「おしゃべり」
(10)綾野剛 9人「隠れ家風の喫茶店でデートしたり、一緒に映画を見たい」

好きな若手男性有名人ランキング〈60代〉

(1)佐藤健 45人「お姫様抱っこ」「ドライブ」
(2)菅田将暉 34人「生で歌を聴きたい」「そばで歌ってほしい」「古着屋巡り」
(3)吉沢亮 20人「一緒に歩きたい」「お芝居」/大谷翔平 20人「うちの娘と結婚してほしい」「大谷翔平のおごりで食事」
(5)横浜流星 13人「空手の形を見たい」「キャンプ」「スケート」/竹内涼真 13人「流行りのカフェでお茶を飲む」「楽しく会話をしながら食事」
(7)松坂桃李 10人「ディズニーランドでデート」/北村匠海 10人「『猫』を歌ってほしい」「南の島の砂浜で夕日を眺めたい」
(9)羽生結弦 9人「私のためだけに滑ってほしい」
(10)氷川きよし 8人「限界突破の格好でお散歩」

好きな若手男性有名人ランキング〈70代以上〉

(1)大谷翔平 12人【70代】「ホームラン対決」「肩こり・腰痛持ちなのでマッサージ」【80代】「握手したい」「エンゼル・スタジアムで観戦したい」
(2) 横浜流星 6人【70代】「一緒に食事に行きたい」「ドライブ旅行」「空手の技を見てみたい」
(3) 菅田将暉 5人【70代】「一緒に星を見たい」「映画鑑賞」「とにかくデートしたい」/木村拓哉 5人【70代】「サインの入った私物が欲しい」「握手」「お茶したい」【80代】「一緒に食事したい」
(5) 櫻井翔 4人【70代】「一緒に旅番組に出演したい」「海外旅行」「見ているだけでいいです」
(6) 氷川きよし 3人【70代】「コンサートの衣装を着た状態でツーショットを撮ってもらいたい」/羽生結弦 3人【70代】「お話ししたい」「目の前で4回転してほしい」/藤井聡太 3人【80代】「将棋の手ほどき」

 その他 【80代】みうらじゅん「講義を受けたい」鈴木亮平「世界遺産の話をしたい」真田ナオキ「自分の伴奏で歌ってもらいたい」明生(力士)「一緒にちゃんこを食べたい」【90代】佐藤健「フルコースのデートをして最後にダンスをプレゼントしてもらいたい」…各1人

苦手な若手男性有名人ランキング〈40代〉

※順位、名前、投票数、主なコメントの順

(1)菅田将暉 22人「顔が苦手」「独特すぎる」「髪型がコロコロ変わって個性が強すぎ」
(2)竹内涼真 15人「行動やしゃべり方が苦手」「信用できない、チャラい」
(3)伊藤健太郎 13人「事故を起こして逃げたから」「かわいいと思っていたけど、いろいろと不誠実なイメージが強くなってしまったから」
(4)粗品(霜降り明星) 12人「顔が苦手」「調子に乗りすぎ、性格悪そう」
(5)ジャニーズ全般 10人「顔が苦手」「誰だかわからない」
(6)木村拓哉 9人「存在が苦手」
(7)新田真剣佑 8人「顔が苦手」「チャラいイメージがある」
(8)ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) 7人「気持ち悪い」「自己中心的だから」
(9)ラウール(Snow Man)5人「見た目」/EXILE系の人たち 5人「オラオラ系が苦手」「品がない」

 次点 寺田心 4人「作ってる感じがするから」「大人びている」

苦手な若手男性有名人ランキング〈50代〉

(1)菅田将暉 17人「やかましい」「カッコよすぎる」
(2)伊藤健太郎 12人「もう少し精進してほしい」「天狗になりすぎ」
(3)竹内涼真 11人「元カノを追い出した話を聞いてイメージ崩壊」「計算高そう」/木村拓哉 11人「カッコつけが苦手」「家族との関係性が不自然」
(5)ジャニーズ全般 10人「いかにカッコいいかを前面に出してくるのが好きじゃない」
(6)クロちゃん 7人「声が嫌い」「性格悪そう」/ラウール(Snow Man) 7人「国宝級イケメンなの?」「偉そうで礼儀知らず」
(8)手越祐也 5人「チャラチャラした感じが苦手」/りゅうちぇる 5人「思考が合わない」/出川哲朗 5人「声がイヤ」「しゃべり方や落ち着きのなさがキライ」

 次点 ナダル(コロコロチキチキペッパーズ) 4人「うるさい、くどい、無神経」

苦手な若手男性有名人ランキング〈60代〉

(1)菅田将暉 19人「何を考えているのかわからないから」「すごむと怖い」
(2)竹内涼真 10人「天狗になっている」「女性関係がダメ。自己管理がなってない」/横浜流星 10人「暗そう」「ヤンキーっぽい」「イケメンすぎる」
(4)佐藤健 9人「気難しそう」「わがままそう」「本当のことは言わない感じ」
(5)粗品(霜降り明星) 5人「中退なのに学歴自慢」「才能があるのを自慢しすぎ」(6)明石家さんま 4人 「うるさい」「ぐいぐいくる感じが苦手」
(7)東出昌大 3人「渡部建の浮気は許せるが、心が裏切られた浮気は許せないから」「最低。杏ちゃんがかわいそう」

[取材・文/大貫未来(清談社)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング