1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

Cocomi 日本出身なのに「日本語難しい」は、木村拓哉と工藤静香の“素養”が影響か

週刊女性PRIME / 2021年11月4日 17時0分

工藤静香とCocomi、Koki,

《前までは、(頭の中で)英語のもの(言葉)を日本語に(変換)して出す、という感じだったんですけど、最近はナチュラルに日本語が出てきます》

《(日本語の方が難しい?)それはそうですよ〜!言い回しというか、物事の言い方が複数、何個かあるじゃないですか。敬語も難しいと思っています。“ございます”“でしょうか”“ですか?” うん。そこがちょっと難しいですね》

 11月3日にインスタライブを配信して視聴者の質問に答えた、木村拓哉と工藤静香の長女・Cocomi。ディオールのトレーナーを着て、「テリトリー」だという自宅の階段と思われる場所から、妹のKoki,との仲や、フルートや映画の話、またおすすめのコスメとメイク術などを披露。その中で視聴者から出てきたのが、Cocomiの「言語」に関する質問だった。

 そして冒頭の発言からわかるように、彼女にとって難しいのは英語よりも日本語の方というわけだ。

「幼少よりインターナショナルスクールに通い、授業も含めて全て英語で過ごしただけに英語はペラペラ。この日も、“ネイティブ”な英語発音がたびたび出ていましたね。またフランス語も達者だという彼女ですが、最近は“話してないから忘れそう”と。

 そんな3か国語に精通する彼女が一番難しいと答えたのが、母国語の日本語。確かに外国人にとっての“世界で一番難しい言葉”とも言われますが、彼女は日本生まれの日本育ちで、両親はもちろん生粋の日本人。また帰国子女でもないのですが……」(スポーツ紙記者)

Koki,の敬語も指摘されていた

 そう、Koki,と共にすっかり“バイリンガル”ならぬ“トリリンガル”イメージが定着する姉妹だが、アイデンティティーは日本人そのもの。これまで長期的な海外旅行経験こそあれども移住経験があるわけではなく、また留学経験もないはずだ。

 先日、映画初出演にして主演を務める『牛首村』のプロモーションの一環で、インタビュー動画が公開されたKoki,。慣れないシチュエーションに言葉を選びながら臨むも、両親のことを「お父さん、お母さん」と表現したり、身内に「させていただいた」などの謙譲語を使う彼女に、ネット上で“間違ってる”“おかしい”などと言葉を指摘する多くの声が見受けられた。

 やはり、姉妹そろって日本語が不得意なのだろうか。「静香さんの影響が大きいと思います」とは、老舗芸能プロマネージャー。

「彼女が母として常々描いていた夢が、娘たちが“海外に進学して、何の仕事であれ、英語を駆使して活躍する”姿でした。もともと静香さん自身も英語が得意ではなく、若くして芸能界入りしただけに、娘たちにはできる限りの最高の環境を与えたかった。そこで選んだのが外国人向けのスクール。周囲から“キムタクの娘”と騒がれる心配がないことも決め手でした。

 物心つく前から英語に触れさせて、一方で静香さん自身も独学で懸命に学んでは積極的に外国人の親御さんに話しかけて上達していった。自宅でも娘に合わせて英語中心の会話をするようになったそうです」

日本語と英語がどっちつかずに

 その甲斐あってか、日本で暮らしながらも英語を話し、外国人と接することが日常の“外国育ち”になったCocomiとKoki,。そのためか「日本語の不慣れ」という“弊害”が起きやすくなるとも。英語教育に力を入れている学習塾講師に聞くと、

「幼い頃から英語教育にご熱心な家庭に見られがちなのが、“日本語は放っておいても身に付くだろう”と軽視する考えです。もちろん幼少から習わせる利点は多いですが、英語漬けの日常生活を送ることで、本来覚えるべき日本語とのバランスを損ねてどっちつかずになる恐れもあります。将来のビジョンやケースにもよりますが、英語は“第2言語”として習得させることを念頭にまずは日本語と区別させる必要があると思います。

 また、こと敬語に関しては自然に身に付くのではなく、これは教わることで理解できるもの。お子さんが外国人向けのインターナショナルスクールに通っているのであれば、敬語を学ぶ術はなく、これを教えるのはご両親の役目になると思います」

 姉妹の両親、静香と木村は共に10代で芸能界に身を投じているのだが、彼らもまた敬語が不慣れだったのだろうか。

「木村くんは目上、目下に関係なく礼儀に関しては人一倍重じていますが、ただ言葉遣いに関しては昔から丁寧な方とは言えず、“やんちゃ”キャラが売りだった静香さんもまた同様に見えますね。英語は後付けで上達できても素養は急に備わるものではなく、日本語を苦手とする姉妹は、まさに両親の生写しと言えるのかも。

 まあ、描いていた将来設計とは少々変わったわけで、静香さんとしても海外にいるはずのCocomiとKoki,がまだ日本にいて、しかも日本の芸能界で仕事をしているとは夢にも思わなかったのでしょう(苦笑)」(前出・芸能プロマネージャー)

 まだ若い姉妹だけに、日本語もどんどん上手くなることだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください