1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

《愛知・中3刺殺事件》“グループLINE外し”が原因か、加害少年の祖父「抱きしめてあげたい」

週刊女性PRIME / 2021年11月27日 5時0分

伊藤柚輝(ゆずき)くん

「伊藤くんはクラスのリーダー的存在だったけど、威張っていたわけじゃない。優しい子でしたよ」(近所の住民)

 11月24日、愛知県弥富市の十四山(じゅうしやま)市立中学校に通う中学3年生の伊藤柚輝(ゆずき)くん(14)が校内で刃物で刺し殺されるという、痛ましい事件が起きた。殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、伊藤くんの同級生で同校に通う男性生徒(14)。

「朝8時10分、男子生徒が伊藤くんを廊下に呼び出して、持参した刃渡り20センチの包丁で腹部を複数回、刺しました」(全国紙社会部記者)

肝臓を貫通するほどの刺し傷

 伊藤くんはいったん教室内に自力でたどり着いたという。そして駆けつけた教職員が応急処置をして、急行した救急隊が病院に搬送。しかし、傷は肝臓を貫通するほど深く、およそ2時間半後には出血性ショックのため、帰らぬ人に。

 男子生徒は伊藤くんを刺した後、そのまま廊下に呆然と立ち尽くしていたという。

 二人にいったい何があったというのか。

 伊藤くんは、両親と兄、弟の5人家族だった。小学校のころはサッカーに打ち込み、中学校では野球部に所属した。男子生徒も伊藤くんと同じ小学校で、しかもサッカー部。図書委員を一緒に務めたこともあった。

 仲よしだった2人も、中学校では別々の部活に所属したが、

「中学校にサッカー部がなかったから、それぞれ別の部活に入ったみたいですよ」(同校に子どもを通わせる保護者)

 男子生徒は、バレーボール部に所属。

「結構ハンサムで優しい子だった。今年の正月には、近くの神社に家族で初詣でに来ていて、きちんと新年の挨拶もしてくれて。曾祖母、祖父母、両親、兄と4世代7人の大家族で住んでいてね。しかも仲がいいのよ」(近所の住民)

 十四山中学校は2クラスしかなく、2年生のときは同じクラスになった2人。だが、3年生になって違うクラスになったとき、ある“異変”が起きていた。同中学校の関係者がこう話す。

グループLINEからはずされて…

「学校関係者の話では、男子生徒が2年生のときに作られたグループLINEからはずされたことを怒っていたみたいで……。それをしたのが伊藤くんだと」

 “いじめなどはなかった”としていた同中学校に、この件について問い合わせると、

「まだ事件から3日目で、生徒の心のケアに追われていた。原因についてようやく聞き取りをはじめたところだが、その話はまだ聞いていない」

 とのことだった。

 男子生徒は警察の取り調べに、

「自分が刺したことに間違いない。(刺したのは)嫌がらせを受けていたから」

 などと供述している。

 26日の夕方、男子生徒の祖父は、週刊女性の取材に応えてくれた。

「孫のSOSを察知できなかったことが残念で悔やまれる。私たちは加害者側ですから、何を言っても償えないですが、できるだけ早くご遺族に謝罪したいと思っています。私にとっては自慢の孫。早く会って、抱きしめてあげたいし、家族で支えていきたい」

 そう涙を浮かべて話した。

 修学旅行も卒業式もいつも一緒にいた彼らは、小学校の卒業文集でこんな夢を語っていた。伊藤くんは「野球選手になること」、男子生徒は「SF映画の制作会社に入ること」。あのころには、もう戻れない――。 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください