1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「相方が弾よけに」木梨憲武『みなおか』終了から6年で石橋貴明との明暗分かれた理由

週刊女性PRIME / 2024年2月26日 19時0分

とんねるずの木梨憲武

 木梨憲武が連ドラ『春になったら』(フジテレビ系)で主役を演じている。バラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の終了以来、約6年ぶりの派手な活動だ。

 ただ、その演技については、こんなネットニュースも。

『棒読みで残念』『酔っ払ってる?』木梨憲武、24年ぶりに連ドラ主演も演技に酷評…視聴率も初回からダウン》(SmartFLASH)

 また、棒読み演技には定評のある(?)ナイツの塙宣之も、

「今、賛否があるのが木梨憲武さんですね」

 と、ラジオでネタにした。

相方・石橋貴明と対照的な現状

 一方「才人の演技がひときわ輝く」と絶賛するコラムニストもいるし、この主演自体「木梨さんでやってみたい」という若いプロデューサーの希望で実現したという。

 なんにせよ、還暦を過ぎてなお、需要があるのは何よりだ。

 と、そんな思いがよぎるのは、相方・石橋貴明の状況と比べてしまうからでもある。2020年にはYouTubeデビューが話題になったが、もともと「テレビの人」という印象なので、露出が減った感は否めない。

 翌年には鈴木保奈美と離婚。木梨が最近、ドラマ絡みのインタビューなどで妻・安田成美へのおのろけを語ったりしているのとは対照的だ。

 では、その違いはどこから生じたのか。

石橋の勢いと木梨の器用さ

 帝京高校で野球部だった石橋とサッカー部だった木梨による「とんねるず」は当初「部活芸」などとも評されたが、長年、人気コンビとして活躍した。『みなおか』のヒット企画『仮面ノリダー』でチビノリダーを演じた子役・伊藤淳史もいまや40歳のオジサンで、放送中の主演ドラマでは不倫される夫の役をやっている。絶頂期からかれこれ30数年なのだ。

 とんねるずの成功は、石橋の勢いと木梨の器用さとの相乗効果によるところが大きい。生放送中にカメラを壊すという初期の武勇伝は石橋のケガの功名、初期のヒット曲『雨の西麻布』が演歌のパロディーとして成立したのは木梨の歌唱力のたまものだ。その後も、石橋がハリウッド映画で大役を射止めたりしたのに対し、木梨は画家としての実績などをコツコツと積み上げていった。

 高校時代の教師たちも石橋について「とにかくひょうきんで目立つムードメーカー」、木梨については「絵がうまかったこと以外はあまり印象がない」と証言している。

 なお、人生は恋愛や結婚にもかなり左右される。石橋は最初の妻と離婚した翌月に、鈴木とできちゃった再婚。一方、木梨は安田と8年交際の末、周囲からの反対を乗り越えて結婚した。勢い余ってという生き方を加速させた石橋と、器用な生き方を家庭込みで設計できた木梨、ということもできる。

 実際、木梨は妻について「俺に関わるすべてのことをプロデュースしてくれる」「迷っている時に正解をくれる人」と絶賛。不動産管理による財テクはもとより、個展に出す作品選びまで、その意見に従っているという。

 妻を人生のルールブックにするような姿勢は、世の女性ウケにもつながりやすい。そんなところも含め、木梨は批判されにくい芸人のひとりだが、それは何かとやんちゃな石橋のおかげでもあるだろう。結果的に、相方が弾よけになっているわけだ。

 勢いが売りの人は転びやすいし、失速するとつらい。その点、器用な人はそこそこつぶしが利くし、飄々としたマイペースな感じが加齢とともに味にもなるのである。

ほうせん・かおる アイドル、二次元、流行歌、ダイエットなど、さまざまなジャンルをテーマに執筆。著書に『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください