「夜行バスより便利かも」 旅行好きも注目!横須賀-北九州のフェリー新航路

Jタウンネット / 2018年12月19日 18時0分

写真はイメージ(lasta29さん撮影、Flickerより)

2018年12月18日、海運のSHKライングループが、横須賀―北九州間のフェリー航路を21年に開設すると発表した。日曜日を除く週6日の運航で、約20時間30分で航行する計画だという。

主にトラック業界の人手不足を受けての新航路開設であるが、首都圏―九州間の交通事情に一石を投じるかもしれない。

「はかた号」14時間VSフェリー20時間

これまで首都圏と九州を結ぶフェリーは、東京港―新門司港(北九州市)を徳島経由で約34~36時間かけて航行するオーシャン東九フェリーだけだったが、今回の横須賀―北九州を20時間で航行は大幅な短縮となる。船舶も1万6000トン級と国内最大級のフェリー就航が予定されている。

もともとフェリーはリーズナブルな移動手段として近年人気が高まっている。時間こそかかるものの船内で横になれて、ドライバーなら車同伴で乗船できるメリットは大きい。

首都圏と九州の移動には飛行機もしくは新幹線がメジャーな手段だが、マニア好みの高速夜行バス「はかた号」が新宿駅(バスタ新宿)―博多駅間を14時間かけて運行中。それより時間はかかりかつ横須賀発着となるものの、居住性の点でバスを上回れば、はかた号のライバルとして台頭してくる可能性も。

首都圏を発着する長距離フェリーは前述のオーシャン東九フェリーと茨城県の大洗港と北海道の苫小牧港を結ぶ商船三井フェリーの2路線のみだが、このような事情から九州を直結する航路が具体的にどのようなサービス、ダイヤとなるか、物流関係者だけでなく旅行好きの皆さんが注目している。

Jタウンネット

トピックスRSS

ランキング