中国地方からイトーヨーカドーが消える 広島・福山店、2月11日に閉店

Jタウンネット / 2019年1月10日 11時53分

イトーヨーカドー福山店 (C)Google

広島県福山市のイトーヨーカドー福山店が2019年2月11日に閉店する。


全国に160店以上を展開するイトーヨーカドーの中で最も西に位置し、四国・中国地方で唯一の店舗がなくなる。これによって、最西端は兵庫・加古川店に代わる。

九州にはそもそも店舗がない

今回閉店する福山店は大型ショッピングセンター「ポートプラザ日化」の中にある。イトーヨーカドーは西日本への出店が極端に少ないため、ここが日本最西端の店舗だ。また、17年に岡山店が閉店したため中国地方でも唯一の存在になっていた。

Jタウンネット編集部が19年1月10日、イトーヨーカドー福山店に電話で問い合わせると、

「2月11日で完全閉店」

との回答をもらった。

日本経済新聞などの報道によると今後はショッピングセンター「ゆめタウン」業態へ変更するという。

日本最西端の店舗は兵庫・加古川店になり、中国地方からはイトーヨーカドーがなくなる。ツイッターでもこの閉店は話題になっており、

「え、イトーヨーカドー福山店、ついに閉店か...」
「福山のイトーヨーカドー2月で閉店とかま?!」
「え!!!福山のイトーヨーカドー閉店するの?」

といった驚きの声が上がっている。

Jタウンネット

トピックスRSS

ランキング