マックのポテト、容器の「裏ワザ」大注目 まさか公式テクニック?広報に聞いてみたら...

Jタウンネット / 2019年1月23日 20時0分

ポテト容器の「裏ワザ」話題(写真は2019年1月18日、Jタウンネット編集部撮影)

みんな大好き、マクドナルドのフライドポテト。絶妙な塩加減にどうにも手が止まらず、ついつい食べすぎてしまう。

そんなマックフライポテトだが、今インターネット上ではこのポテトの容器に意外な使い道があったと話題になっている。ご覧の写真のように、容器の「背」の部分をうまく折り曲げると、ケチャップを置くスペースができるというのだ。


絶妙な仕上がりだ。どこか、美しささえ感じてしまう。これって、まさか「公式」にデザインされたものなのか?そう思ったJタウンネット編集部は、日本マクドナルドに確認してみた。その答えは――。

あまり期待していなかったが...

海外のツイッターユーザーらの間で話題を集め、2019年1月中旬頃から日本でも話題に。ツイッター上には「全然気づかなかった!」「こんな使い方あったのか」と驚きの声が相次いでいる。

Jタウンネット記者は18日、会社近くのマクドナルドを訪れ、このケチャップ受けを自作してみた。

このボコッと飛び出た部分を後ろに折り曲げ...
このボコッと飛び出た部分を後ろに折り曲げ...

見事にケチャップ受けが完成した
見事にケチャップ受けが完成した

正直なところ、そもそもフライドポテトにケチャップを付けない派の記者。というのも、生来の怠け者であるため、微妙に離れたところにあるケチャップをつけることすら面倒に感じてしまうのだ。

当初、さして期待せず挑戦してみたのだが、付けたいときに手間なくケチャップが付けられるこの食べ方、思いのほか便利なのである。

手間なくケチャップが付けられる
手間なくケチャップが付けられる

ものすごく久しぶりにケチャップを付けたような気もする。ポテトだけだとどうしても飽きてしまいがちだが、手軽に味を変えられるため、瞬く間に完食してしまった。

瞬く間に完食
瞬く間に完食

強いて欠点を挙げるとするなら自作する際、容器に付いたポテトの塩気で手が汚れることだろうか。しかし、一度作ってしまえば、歩きながらでも「ポテト×ケチャップ」の味を楽しめる画期的な方法だ。

Jタウンネット編集部は21日、日本マクドナルドの広報担当者に、そもそもパッケージの「背」の部分は何のためにあるのか取材を申し込んだところ、

「ポテトを美しく入れるためのデザインで、話題になっているバッグの背を曲げてケチャップを乗せることを意図したデザインではございません」

とのこと。今回ユニークな食べ方が話題になったことに関しては、

「お客様の工夫や想像力で商品を楽しんでいただけるのは大変嬉しいです」

と感想を述べていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング