日本初の妖怪博物館「もののけミュージアム」、広島で4月26日オープン 絵巻や武具など5000点の資料を展示

Jタウンネット / 2019年4月7日 21時0分

三次もののけミュージアム公式サイトより

[みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2018年3月28日放送「5up!NEWS」のコーナーでは、日本初の妖怪博物館だという「もののけミュージアム」(三次市)を紹介していました。


もののけミュージアムは4月26日に開館。先日行われたオープニングイベントでは、ミュージシャンで俳優の泉谷しげるさんが会見を開き、その魅力をPRしました。

妖怪コスプレパレードも

「私がいて、いい加減に帰れと言われるまでいますのでよろしくお願いします。来て楽しめる場所だということを、皆さんに冒険したり探検したりしてもらった方が良い」と泉谷さん。彼が参加するのは、開館を記念した三次もののけフェスティバル。会期中の4月26日から5月6日まで三次市内に滞在し、アート展やミニライブを開催するほか、妖怪のコスプレパレードにも参加します。

もののけミュージアムは、江戸時代の妖怪物語 「稲生物怪録」(いのうもののけろく)の舞台となった三次市にオープンします。館内には、妖怪コレクターの湯本豪一さんが寄贈した絵巻・錦絵・書物・武具・玩具など約5000点の資料などが展示されます。ミュージアム学芸員の伏見さんは、「家族で笑顔で楽しんでいただける妖怪の博物館にしたいので、たくさんの方にお越しいただきたい」と語っていました。

日本初の妖怪博物館、どのような博物館になるのか、今から楽しみですね。

(ライター:tama35)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング