チキン南蛮、カレー南蛮... 料理の「南蛮」って、どういう意味なの?

Jタウンネット / 2019年6月11日 8時0分

何が「南蛮」なのか

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2019年5月27日放送の「仰天コロンブス」のコーナーでは、料理の「南蛮」というネーミングについて調べていました。

「チキン南蛮」「鴨南蛮」「南蛮漬け」――。はたして、この「南蛮」って何なのでしょうか?


江戸時代の書物に記載あり

そもそも南蛮という言葉は、16世紀頃にポルトガルやスペインといった国との貿易でもたらされたものを「南蛮」「南蛮渡来」と呼ぶことに由来しています。しかし、なぜ料理にも定着しているのでしょうか?

金沢市内のある料理店のチキン南蛮は、「南蛮酢」に漬け込んだ鶏のから揚げ。南蛮酢とは、唐辛子を漬け込んだ酢のこと。南蛮漬けにも、唐辛子が使われていますよね。つまり、チキン南蛮や南蛮漬けのネーミングは、唐辛子からきているのです。

また、鴨南蛮の南蛮はネギのことだそう。

南蛮人は唐辛子やネギを好んで食べたそうで、江戸時代の風俗や習慣をまとめた随筆「嬉遊笑覧」には、

「ネギが入ると南蛮という」
「異国なるものを南蛮という」

といった記載があります。

南蛮貿易こそ、祖国で途絶えましたが、料理は、受け継がれて広まっていきました。

そういえば、「カレー南蛮」にも大きなネギが入っているので、やはりそういうことなのでしょうね。

(ライター:りえ160)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング