「我が家の塀を『無断リフォーム』した暴走隣人。ペンキにタイル、気づいたら表札まで貼っていて...」(兵庫県・50代女性)

Jタウンネット / 2019年6月14日 17時0分

我が家のものなのに...(画像はイメージ)

隣人が我が家の塀を無断で自分好みにリフォームしている――。今回紹介するご近所トラブルは、兵庫県に住むLさん(50代女性)がくれたそんな驚きの投稿だ。

何を思ったのか、隣人はある日突然、Lさん宅の塀に表札を張り付けはじめ...。


「塀は我が家のもので勝手に何をしているのか?」

お隣とのトラブルです。

お隣は家の境界の塀を設置しておらず、すぐに我が家の塀が面しています。ある日、我が家の塀のお隣に面している側に何の断りもなくペンキを塗り、タイルを張り始め、表札まで張り付けました。

それだけではありません。セメントで行政が張り付けていたマークを勝手に剥がし、塀を自分の家のもののように見せるためにマークを新たにセメントで張り付け直してしまいました。

境界の印の上には上木鉢まで置いて隠しています。さすがに許せなくなり、「塀は我が家のもので勝手に何をしているのか?」と伝えたところ、

「気悪い思いさせたなぁ」

とお隣。その後、マークは元に戻しまたが、ペンキ表札はそのままにしています。こんなことをしてはいけないのは重々承知の上でやっているところが本当に許せません。

最近はお隣の家の前はゴミだらけ。ゴミが高く積み上げられ、風が強い日は我が家にまで飛んで来ます。境界のことを注意してから陰湿な嫌がらせとも受け取れるようなことが数多くあります。

隣になって20年以上となりますが、私はずっと大型犬を飼っています。お隣も同じく小型犬を飼っており、最近では「鳴き声がうるさい」「噛まれた」などとありえない言いがかりをつけてきます。このままではノイローゼになってしまいそうです。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。メール(toko-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング