私が挨拶したら、ご近所から笑顔が消える... 町内会活動をサボり続けた男の末路(東京都・20代男性)

Jタウンネット / 2019年11月8日 17時0分

話を聞いてよ...(画像はイメージ)

町内会や自治会の人間関係って、難しいものだ。同じ土地で生活をしているだけに、些細なきっかけで大きなトラブルに発展してしまうこともある。

今回ご紹介するのは、ちょっとしたきっかけで、町内会の人間に嫌われてしまった男性のエピソード。投稿メールをくれたのは、東京都に住む20代の男性会社員・Sさんだ。彼はなぜ周囲から浮いてしまったのか。

町内会での人間関係に悩んでいる人は、参考になる部分もあるかもしれない。さっそく、投稿を見ていこう。

嫌われた理由が発覚!

東京に引っ越しをしてきてから、町内会に入ることになりました。

加入してから1年間は役職につく必要がなかったため、とくに町内会でもめ事に遭うことはありませんでした。

しかし1年が経ってから、町内会の役職について欲しいと言われてしまい、あまりにも急だったことや仕事も忙しかったため、お断りすることにしたのです。

私自身は、皆さんと仲良くしたいことや、普段町内会の人達とコミュニケーションをとっていなかったこともあり、町内会の活動に参加はしたいと思っていました。そのため、役職につけない理由を丁寧に説明してお断りをしたのですが...。

翌日から、町内会の人に会ってあいさつをしても相手から急に笑顔がなくなり、妙な雰囲気になるように。その後、さらに何人かと話をしたのですが、どうにも会話が続かない雰囲気になってしまい、これは嫌われてしまっていると実感しました。

町内会での知り合いは多くいませんが、比較的仲良くさせていただいた50代の夫婦と会う機会があったので、どのような状況になっているのか話を聞きました。

すると、私自身の積極性のなさや、行事に参加しないことなどから嫌われてしまっていることがわかりました。役職を断ったことが原因かと思いましたが、何もしなかったことが原因だとわかり少しほっとしました。

その後は、できる限りお手伝いをするようにしたら、皆さんの方から積極的に話してくださり安心しました。

あなたの「町内会トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「町内会トラブル」体験談を募集しています。公式ツイッターのダイレクトメッセージ、または読者投稿フォームおよびメール(toko-town.net)で、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング