謎の餃子ソングが流れる「王将」目覚まし時計 どうしてコレを作ろうと...?広報に聞いた

Jタウンネット / 2019年11月21日 20時0分

文字盤はメニューに!(画像はさな(sananasa

起きずにはいられない「餃子の王将」の目覚まし時計が、ツイッターで話題を呼んでいる。

こちらをご視聴いただきたい。

「チッチッチッ、餃子が旨いめちゃめちゃ旨い餃子の王将の焼き!(焼き!↑)焼き!(焼き!↑)焼き餃子~」

目覚まし時計...だよな...。ただひたすら餃子を推しつづける約30秒の動画を投稿したのは、ツイッターユーザーのさな()さんだ。

「こんなん朝笑ってまうわ」

と思わず反応。針は文字盤の「餃子の王将」のメニューを指し、全面に「餃子の王将」感がでている。ベルがついているのに、歌が流れるとは...。リプライ(返信)欄には、

「サブリミナル効果の洗脳で毎晩王将に勝手に向かってしまいそう」
「毎朝餃子食べたくなりますね!」
「これは、絶対目が覚めますね」

と耳に歌がこびりついてしまったユーザーが相次いでいる。

この目覚まし時計は一体何なのか...。Jタウンネットは、餃子の王将を運営する王将フードサービスに話を聞いてみた。

店舗の時計のミニチュア版だった


2019年11月21日、Jタウンネットの取材に応じた王将フードサービス広報担当者によれば、目覚まし時計は「2020年版 ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン」で貰えるもの。スタンプカードに、税込み500円毎に1個押印で、50個溜めると交換できる賞品だ。

キャンペーンは同年6月から12月まで実施中とのこと(GYOZA OHSHO京都高島屋店を除く)。

なぜ目覚まし時計を採用したのかというと、

「餃子の王将の店舗で使用している『壁掛け時計』が多くのお客様から『欲しい』と言った声が結構あります。非売品ですし、手に入れる手段はありませんが、今回の目覚まし時計は、それ(壁掛け時計)をモチーフにして、ミニチュア版として製作いたしました」

次に食べに行くときは、是非とも確認したいものだ。

ちなみに、文字盤に描かれているのは、0時の「餃子の王将」のロゴから右回りに、「天津飯」、「海老のチリソース」、「酢豚」、「回鍋肉」、「ニラレバ炒め」、「鶏の唐揚」、「海老の天ぷら」、「麻婆豆腐」、「炒飯」、「豚キムチ」、「焼きそば」(表記は公式サイトに基づく)だそう。

目覚まし時計が景品になるのは今回が初めてではなく、18年にも同様のキャンペーンで配布していたという。

「お客様から大変ご好評を頂きまして、今回はバージョンアップ版として景品とさせていただいております」(担当者)

前作は、色がシルバーでベルが鳴ったという。そして、今作は色をゴールド。歌を収録させパワーアップさせたと話す。

「去年と同じではつまらないので...歌が流れた方が面白いんじゃないかと思いました。そういった意味で、生餃子の美味しい焼き方をフューチャーした、『ふたりの餃子』(レシピ篇)というデュエットソングがあります。今回、目覚まし時計の曲として採用いたしました」

目覚まし時計に収録されているのは約30秒の音声で、音量調整はできないと話す。目覚めの良い朝を迎えたい人は是非。

また担当者は、反響を受け、

「『餃子が食べたくなる』『朝から笑ってしまった』と沢山の方が興味を持って話題にしていただいたことで、大変うれしく思っております。お客様の身近なところで使用していただきたいと思っております」

と感想を述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング