老後が不安でたまらない人達に、自己防衛おじさんがどうしても伝えたい言葉

Jタウンネット / 2020年4月5日 17時0分

職場の人間関係や恋愛相談、身体のコンプレックスから性の悩みまで――。読者から寄せられた多種多様な悩みを、「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんが、真摯かつユーモラスに回答していく。

今回のお悩みは、兵庫県に住む会社員・U子さん(40代・女性)からの投稿だ。独身で子供もいない彼女は、老後の生活に強い不安を抱えているという。

現職の給料では日々の生活で精一杯で、まとまった貯金もない。加えて40代後半という年齢の問題から、転職も難しいと考えているそう。つまり彼女は、将来への不安を抱きながらも、現状のまま過ごしていくほかない――そう訴えているのだ。

そんなU子さんに、自己防衛おじさんはどんな言葉をかけるのだろうか。

「不安や心配は杞憂に終わるもの」

読者のお悩み

小売店で経理の仕事をしています。正社員ですが手取りの給料が安く、賞与もないため、毎月の生活だけで精一杯で貯金ができません。独身で子供もいないので、定年退職後の老後の生活が不安で不安でたまりません。

昇給は社長のきまぐれで行われるため、この先の見込みもありません。40代後半なので今更転職も厳しく...今後どうすればいいか悩んでいます。

自己防衛おじさんの回答

ひょっとすると、あなたは先ばかりを見て今を生きることに意識が向いていないから、不安の渦から抜け出せないのではないでしょうか?

物事というのは何の前触れもなく、ある日突然やってくるものなのです。大地震などの天変地異の発生もそれこそ昨今の新型コロナウイルスの世界的流行も、数か月前に一体誰が日本や世界はこんな状況になると予想できたでしょうか。

何かが発生したらその時に一つ一つ焦らず冷静に諦めずに対処していけば、必ず乗り越えられるので何も心配する必要はありません。

そもそも人間は全て自分で選択してきたことの繰り返しで現在の状況を作り上げています。もし現状を変えたいのであれば、あなたに必要なのは心配する事よりも何があっても動じない不動心を養い、そして勇気を持つだけです。

しかし、あなたの状況は決して恵まれていないとは思いませんよ。手取りが安いと言えど正社員。

独身という自由は時間を自分の自由に使える、つまり自己の向上に専念することができるわけでとても恵まれた環境。少しでも収入を増やしたいと思うのであれば、副収入を得られるように自分なりに知識を付けてそれを実行してみることも必要かもしません。

これからの時代は各々が生き抜く知恵を身に付けて、独りでも生きていけるように強くなる事が求められてきます。

そのためには知識と勇気、そして「今この瞬間を生きる事」を基本に生活してみてください。心配し過ぎは身が持ちませんので、くれぐれも定年退職後の事などは考えないようにしましょう。不安や心配は杞憂に終わるものなのです。

Jタウンネットでは、読者の「お悩み」を募集しています。読者投稿フォーム公式ツイッターのダイレクトメッセージもしくはメール(toko-town.net)で、悩みの具体的な内容(200字程度)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

town20190419190158.jpg
筆者:占い師の鉄平(自己防衛おじさん)新橋で発見された占い界の超新星「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平。街頭インタビューでのインパクトのある発言と、独特な顔芸から話題になった。定評のある対面鑑定や執筆活動の他、CM出演など活動は多岐にわたる。 Twitter(@tpyclub)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング