マグロ、いくら、鯛にサーモンまで...! スーパー玉出の「199円海鮮丼」が安すぎて怖くなる

Jタウンネット / 2020年6月6日 12時0分

大阪でよく見かける激安スーパー「玉出」。1円セールなどでおなじみですが、値段だけでなく個性的な品揃えにも一見の価値アリ。そんな「玉出」のお惣菜コーナーを西成区在住の筆者が物色し、実際に食べてレビューします!


今回見つけてきたのは「海鮮丼」(税込398円)。「本日の限定奉仕品」とのことですが、店頭には毎日のように並んでいる定番商品です(笑)

半額シールが貼られており、200円以下で購入できました。さすがに奉仕がすぎるのではないかというレベルですが、味の方はどうなのでしょうか。

サービス精神に頭が下がる

フタを開けてみるとこんな感じ。色とりどりの魚介がズラっと並んでいます。

town20200602123859.jpg

きゅうりの上に乗ったワサビのほか、小袋のタレとガリもついていました。

はたしてどんな味がするのでしょうか。

town20200602123912.jpg

まずはマグロからいただきます。ネギが乗っているものの、ネギトロには程遠い叩き具合。食感がしっかりしているぶん、普通のマグロ丼としては文句なしです。

town20200602123925.jpg

大きなカニ!...ではなくカニカマ。どうせ食べるなら、ココは思い込んだもん勝ちですよね。甘味のある錦糸卵との相性もピッタリです。

town20200602123942.jpg

数の子も入っていました。これまで食べたことのある海鮮丼では見たことのない具材です。ドーンと1本の状態なので、正直ご飯との相性はビミョー...。独立したおかずとして食べました。

town20200602123955.jpg

わたしが1番好きなサーモンをいただいてみましょう。

お箸でつまむと破れてしまうほどの薄さである反面、脂の旨味はしっかりあります。1切れだけなのは物足りないですが、他にも穴子やタイ、イカ、いくらなどの具材が乗っていて、飽きさせません。

town20200602124010.jpg

食べ進めていくと底が見えてきました。しっかりと深さのある丼で、ごはんにかなりのボリュームがあります。具沢山の魚介ですが「ペロリと完食!」とはいかない満足感でした。

ということで、今回はスーパー玉出の海鮮丼を紹介しました。

スーパー玉出の弁当・惣菜としては高めの価格設定ですが、それだけ豪華な商品であることは間違いナシ。奉仕品が毎日のように並ぶスーパー玉出のサービス精神には頭が下がります。気になった人は、玉出のお惣菜コーナーを訪れてみてはいかがでしょうか?

town20181128153412.jpg
筆者:Metくん新卒入社1年目であてもなく退職し、大阪市西成区へ移住。自分の生きかたを探りはじめた男が、ブログやYouTubeを通して人生を「サイキドウ」させる日々をお届けします。ブログ「 人生サイキドウ通信!」YouTubeチャンネル「 人生サイキドウ通信-Met-」趣味であるアイドル・ハロプロの現場レポなどもしてます。 Twitter(@met_hell)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング