「『子供が走りたいから仕方ない!』騒音まき散らす隣人を注意したら逆ギレ。悲劇のヒロインぶって『脅迫された!』と言いふらし...」(北海道・20代女性)

Jタウンネット / 2020年9月12日 17時0分

隣人がうるさい!(画像はイメージ)

近隣住民との間でトラブルに発展しやすい「騒音」問題。特にアパートやマンションのように隣人との距離が近い場合は「隣の生活音がうるさい」「上階の人の足音が響く」などと頭を抱える人が多いかもしれない。

些細な音ならお互い様、と思えるかもしれない。子供がいる家庭であれば、なおさらだ。だが毎日、それも朝から晩まで大騒ぎされたら文句の一つくらい言いたいものだ。

今回紹介するのは、北海道に住む自営業のHさん(20代女性)が体験した騒音トラブル。引っ越した矢先から聞こえてくる隣人の女性の騒ぎ声と、その子供のドタバタ音に頭を抱えているという。

聞けば夜の営みも大音量。加えて共用の廊下には、自転車やカッパ、傘が放置。とにかくやりたい放題のだらしない家族なんだ、と理解したHさん。

我慢できずに管理会社に相談したところ、奥さんが「なんで配慮しなきゃならないんだ!」と逆ギレ。挙句の果てには、「子供が隣に怒られて怖がっている」などと喚き、まるで悲劇のヒロインのように振る舞い出したという。

さて、Hさんはその後どうなったのだろうか......。

「怒鳴り散らしている声が響いて目が覚めました」


今年の1月から住んでいたところの隣人がかなり迷惑な方だったので、体験談を送ろうと思い投稿しました。

同月、実家から一人暮らしのために引っ越しをしました。家賃は割りかし安めですが1LDKの広々としたところです。エアコンもついていて、快適だなと最初は思っていました。

しかし、です。引っ越した翌日の早朝、隣の部屋からものすごい怒声が。女性が怒鳴り散らしている声が響いて目が覚めました。

その女性は、毎朝6時頃には足音をドンドンドンドンと大きくたてながら家の中を歩き、窓を「ガン!」と乱暴に開けるんです。7時頃から20時頃までは、子供の走り回る音がドンドンドンドン響きます。そして、22時頃か早朝からは、大きな喘ぎ声が聞こえます。隣は毎日朝から晩までやりたい放題です。

それに加え、共用廊下には錆びた自転車や子ども用自転車、ボロボロのソリ、かっぱなどが置きっぱなしになっています。雨の日になると、傘を開いた状態で共用廊下の床に3日以上置きっぱなしにすることもしょっちゅうです。私の玄関前にまで傘を置く始末でした。

とにかくだらしない家族が隣に住んでいるのだな、と把握しました。

ある時私が、管理会社に消火器の場所を聞いたところ、隣人が荷物を置いているところにあるとのこと。管理会社から隣人に注意の電話をしてくれましたが、隣から女性の怒声がまた聞こえました。その後、ドアが乱暴に開けられ、置きっぱなしの傘だけをしまい、また乱暴に大きな音をたててドアをしめていました。

その後、1日中女性の怒鳴り散らす声が隣から聞こえ、おかしな人が住んでいる、と怖い気持ちになりました。

「子供に注意しろと言うほうがおかしい!」

隣人の足音や窓などを乱暴に開け締めする音、怒声などがひどくなり、再度管理会社へ相談しました。

しかし隣人は

「子供が走りたいから仕方ない!」
「子供に注意しろと言うほうがおかしい!」
「なんで配慮しなきゃならないんだ!」

と逆ギレしてきました。

なぜ散歩など、外出を拒むのか私には理解できませんでした。とにかく家から一歩も出たがらないご夫婦のようでした。

しまいには、隣人の奥さんは悲劇のヒロインになり

「子供が隣に怒られて怖がっている」
「誘拐されるんじゃないか毎日怯えている」

と妄想をふくらませ、作り話さえするようになりました。(その間も、毎日楽しそうにギャーギャー騒ぎながら1日中家の中をドンドンドタドタ走り回っている音が聞こえていましたけど)。

また、管理会社へ消火器の相談や、騒音の相談をしたあたりから、隣から私への直接的な嫌がらせが始まりました。早朝、玄関のドアを乱暴にガチャガチャされたり、チャイムを鳴らされたり、思いっきりドアを蹴られたりと、いろんなやり方の嫌がらせが日に日に増えていきました。

さらに、直接的な嫌がらせだけではなく、隣の奥さんは管理会社へ毎日電話をして、私がおかしな行動を取っていると嘘をつきつづけ、証拠もないのに管理会社もそれを鵜呑みにしてしまいました。嫌がらせ文を、管理会社を通して送りつけてくるようにもなりました。

私自身精神的に疲弊し、仕事もままならない状態になってしまいました。嫌がらせをこれ以上してこないよう、悩みに悩みましたが行政書士さんに相談。内容証明を隣人に送ることにしました。

隣人は「脅迫された!」とまた被害妄想を発動。管理会社に私を退去させるよう申し入れ、退去通知が届きました。

管理会社は一度も騒音の状態を確認しようとはしませんでした。電話だけで面倒くさそうに対応し、最終的には「文句を言うなら引っ越せ」とあり得ない対応をしてきました。

隣人が長く住んでいることと、子供がいるために管理会社は、引っ越しさせるのは出来なかったんだと思いますが、こんな非常識で迷惑な人がいると思うだけで、ゾッとします。

引っ越して感じたことは「非常識で迷惑な人が隣にいないことが、こんなにも平和なのだな」ということです。そんなことを心底思いながら生活しています。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

メール(toko-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング