1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

1億画素カメラ搭載モトローラスマホ、5万円台「edge20」と4万円台「edge20 fusion」

価格.com 新製品ニュース / 2021年10月19日 14時20分

写真

「edge20」「edge20 fusion」

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォンの新モデルとして、「日本初登場」とする「motorola edgeシリーズ」より、「motorola edge20」および「motorola edge20 fusion」を発表した。

いずれも、モトローラのスマートフォンラインアップのなかで、ミドルハイレンジに位置づけるモデルとして展開する。10月22日から発売する予定だ。

■「motorola edge20」

厚さ約6.99mm(最薄部)、重さ約163gで、「モトローラ史上最薄・最軽量の5G対応スマートフォン」をうたうモデル。表示部は、6.7型フルHD+有機ELディスプレイ(2400×1080ドット、HDR10+、リフレッシュレート144Hz)を装備する。

カメラ機能は、アウトカメラが1億800万画素メインカメラ(F1.9)+1600万画素超広角/マクロカメラ(F2.2)+800万画素望遠カメラ(F2.4、光学ズーム3倍)で構成。インカメラは3200万画素(F2.25)だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 778G」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。無線通信はBluetooth 5.2、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN規格をサポート。OSは「Android 11」をプリインストールする。

このほか、バッテリー容量は4000mAh。IP52相当の防水・防塵性能を装備。セキュリティ機能は指紋認証、顔認証に対応。本体サイズは76(幅)×163(高さ)×6.99(奥行)mm、重量は約163g。ボディカラーはフロストオニキス。

直販価格は54,800円。

■「motorola edge20 fusion」

「1億800万画素の高解像度カメラを採用しながら、手の届きやすい価格帯を実現した」という5Gスマートフォン。表示部は、6.7型フルHD+有機ELディスプレイ(2400×1080ドット、HDR10+、リフレッシュレート90Hz)を装備する。

カメラ機能は、アウトカメラが1億800万画素メインカメラ(F1.9)+800万画素超広角/マクロカメラ(F2.2)+200万画素深度センサー(F2.4)で構成。インカメラは3200万画素(F2.25)だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「MediaTek Dimensity 800U」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDメモリーカードをサポート(最大512GB)。無線通信はBluetooth 5.0、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格をサポート。OSは「Android 11」をプリインストールする。

このほか、バッテリー容量は5000mAh。IP52相当の防水・防塵性能を装備。セキュリティ機能は指紋認証、顔認証に対応。本体サイズは76(幅)×166(高さ)×8.25(奥行)mm、重量は約185g。ボディカラーはエレキグラファイト。

直販価格は43,800円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング