ソニー、音に包まれるようなウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」

価格.com 新製品ニュース / 2017年9月14日 15時44分

写真

SRS-WS1

ソニーは、ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を発表。10月14日より発売する。

肩にのせることで、手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるのが特徴。小型ながら高音質の専用フルレンジスピーカーユニット(30mm径)を左右に搭載し、スピーカー開口部から放射状に効果的に音が広がる独自のボディ構造とデジタル音声処理により、包み込まれるような音場が生成される。

また、パッシブラジエーターを搭載し、映画のアクションシーンなどの低音域に連動して振動することで、映像に入り込んだような臨場感を体感することが可能。振動の強さは3段階(強・中・弱)で調節することができる。

さらに、背中から肩、鎖骨のラインに沿ったアーチ形状とインナークッションにより、長時間の使用やラフな姿勢でも、快適で安定した装着感を実現。周囲の音も聞こえるようになっており、使用中も家族や友人との会話を楽しめる。

デザイン面では、肌に触れる内側に、汚れにくい加工を施したファブリック素材を採用。色はリビング空間になじむライトグレーで、シーンや服装を選ばず使用できる。内向きに配置された操作ボタンは、装着しながらも快適に操作ができるよう1つひとつを大きなデザインにしている。

テレビとの接続方法は、ワイヤレス方式を採用。付属の送信機にステレオミニ端子と光デジタル端子を備えており、テレビと接続し、送信機からスピーカー本体にワイヤレスで送信することができる。なお、1台の送信機に2台のスピーカー本体を接続することが可能だ。

スピーカー本体はバッテリーを内蔵し、約7時間の連続使用に対応。スピーカー本体は、充電台に置くだけで充電することが可能。スマートフォンとスピーカー本体を直接ケーブルで接続することもできる。

このほか、スピーカー本体のサイズは210(幅)×75(高さ)×205(奥行)mm。重量は約335g。送信機と充電台の本体サイズは76(幅)×17(高さ)×45(奥行)mm。重量は、送信機が約30g、充電台が約70g。

市場想定価格は25,000円前後(税別)。

価格.com 新製品ニュース

トピックスRSS

ランキング