ケンコー、スマートフォン用の高性能レンズ「リアルプロシネマティック」

価格.com 新製品ニュース / 2018年4月20日 12時30分

写真

リアルプロシネマティック 4K HD ワイド0.6x

ケンコー・トキナーは、スマートフォン用の高性能コンバージョンレンズ「リアルプロシネマティック」シリーズを発表。ラインアップとして、「4K HD ワイド0.6x」と「4K HD テレ2x」の2製品を用意し、4月28日より発売する。

4K動画撮影に最適な大口径コンバージョンレンズ。4群5枚のレンズ構成を採用し、低ディストーションと中心から周辺に至るまでの高解像度を実現する。

また、デュアルカメラレンズの形状にも対応する新開発のレンズマウントアタッチメントを採用。厚さ11mm以下で、機器の端からカメラレンズの中心までの長さが35mm以下のスマートフォンに対応する。

さらに、アルミ合金の削り出し加工とスクリューマウントによる光軸ずれを起こしにくいデザインを採用。スプリング式レンズキャップやポーチなどが付属する。

「4K HD ワイド0.6x」は、110度の画角を採用。スマートフォン搭載のカメラレンズよりも広い範囲を撮影することが可能だ。本体サイズは42(幅)×59(高さ)×50(奥行)mm(アタッチメントに装着した状態)。重量は74g(アタッチメントに装着した状態)。

「4K HD テレ2x」は、43度の画角を採用。スマートフォン搭載のカメラレンズよりも遠くを撮影することが可能だ。本体サイズは41(幅)×58(高さ)×55(奥行)mm(アタッチメントに装着した状態)。重量は87g(アタッチメントに装着した状態)。

価格はいずれもオープン。

価格.com 新製品ニュース

トピックスRSS

ランキング