43V型で39,800円、ドン・キホーテが4K/HDR対応液晶テレビを順次発売

価格.com 新製品ニュース / 2018年11月26日 15時49分

写真

「HDR対応 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」

ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格PLUS」より、4K液晶テレビシリーズの第5弾となる「HDR対応 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」を11月26日から順次、全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で発売すると発表した。発売日は、43V型が11月26日、50V型および58V型が12月18日。

従来機種のラインアップである50V型、55V型、60V型について、「リビングでのメインテレビや寝室でのセカンドテレビなど、ユーザーの用途に合わせたサイズを選択しやすいようにする」として、今回の新モデルでは、43V型、50V型、58V型に一新した。従来モデルに引き続き、ダブルチューナーを装備し、外付けHDDを使った裏番組録画にも対応する。

さらに、新たに導入する43V型モデルは、HDMI端子を3から4に増設。58V型モデルは、前面スピーカーを採用することで、迫力ある音声を再生するというのが特徴だ。

43V型の主な仕様は、アスペクト比が16:9、年間消費電力量が約142kWh/年(最大値)、輝度が380±10%cd/m2、コントラスト比が1100:1、音声実用最大出力が総合20W(10W×2)。本体サイズは97.5(幅)×62(高さ)×20.9(奥行)cm、重量は約9.4kg(いずれもスタンドあり)。

50V型の主な仕様は、アスペクト比が16:9、年間消費電力量が約135kWh/年(最大値)、輝度が500±10%cd/m2、コントラスト比が5000:1、音声実用最大出力が総合20W(10W×2)。本体サイズは112.5(幅)×70.5(高さ)×24.4(奥行)cm、重量は約11.92kg(いずれもスタンドあり)。

58V型の主な仕様は、アスペクト比が16:9、年間消費電力量が約167kWh/年(最大値)、輝度が400±10%cd/m2、コントラスト比が5000:1、音声実用最大出力が総合20W(10W×2)。本体サイズは129.8(幅)×84.5(高さ)×28(奥行)cm、重量は約16.4kg(いずれもスタンドあり)。

価格は、43V型が39,800円、50V型が49,800円、58V型が59,800円(いずれも税別)。

価格.com 新製品ニュース

トピックスRSS

ランキング