タムロン、“最高技術を結集した”「SP 35mm F/1.4」などレンズ3機種を開発発表

価格.com 新製品ニュース / 2019年2月20日 16時50分

写真

「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」

タムロンは2月20日、フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応レンズ2機種、およびフルサイズミラーレスカメラ対応レンズ1機種の計3機種を開発発表した。

今回発表したのは、35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の単焦点レンズ「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」(ニコン用、キヤノン用)とズームレンズ「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD(Model A043)」(ニコン用、キヤノン用)、および35mmフルサイズミラーレスカメラ対応のソニーEマウント用大口径超広角ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)」。いずれも、2019年中ごろに発売する予定。価格は未定だ。

なお、これらの開発製品は、2月28日から3月3日までパシフィコ横浜で開催される「CP+2019」に参考出品するとのことだ。

■「SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)」

今年で40周年を迎える「SPレンズ」シリーズより、同社の「最高技術を結集して開発した」というレンズが登場。「高解像度と美しく魅惑的なボケ味によって、あらゆるシーンを細部まで余すことなく表現する」という。

また、光学系を包む鏡筒は「撮影するユーザーのために考え抜かれた操作性と、耐久性を追及した」とのこと。加えて、信頼性にすぐれた高速・高精度AFや利便性を高めるさまざまな機能を搭載し、風景、ポートレート、スナップなど、さまざまな作品づくりに適しているとのことだ。

■「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD(Model A043)」

広角端35mmから望遠端150mmまで約4.3倍のズーム比を有し、中望遠の85mmを中心に、人物撮影に適した焦点距離を幅広くカバーするモデル。F値は広角端がF2.8で、望遠端でもF4の明るさを確保する。最短撮影距離はズーム全域で0.45m。

またレンズは、特殊硝材LD(Low Dispersion: 異常低分散)レンズと非球面レンズを適切に配置。色収差をはじめとした諸収差を徹底的に抑制し、クリアでシャープな描写力を発揮するという。高速制御システム「デュアルMPU」も搭載した。

■「17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)」

フィルター径67mmの大口径超広角ズームレンズ。ズーム全域でF2.8と明るく、画面中心から周辺部まで高い解像力とコントラストを発揮するという。

また、ワイド端での最短撮影距離は0.19m。AF駆動には、高速・高精度かつ静粛性にすぐれたステッピングモーターユニット「RXD(Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を搭載し、動画撮影にも適しているとのことだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング