リコー、企業内ネットワークでの管理機能を向上したデジカメ「RICOH G900SE」

価格.com 新製品ニュース / 2019年2月25日 6時18分

写真

「RICOH G900SE」

リコーおよびリコーイメージングは、現場対応デジタルカメラ「RICOH G900SE」を5月下旬より発売すると発表した。

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格、およびBluetooth 3.0/4.2 BLEに対応したタフコンデジ。PCだけでなく、スマートフォンや企業ネットワークへのワイヤレスデータ送信に幅広く対応するという。

また、企業内ネットワークで複数台を使用する場合、1台ずつのファームウェアバージョンアップやカメラのメニュー設定、カメラメモのリストファイルを、ネットワーク内のサーバーにセットアップすることで、複数台を一括で自動設定できる。同様のセットアップは、SDカード経由でも行えるという。

このほか、防水、防塵、耐衝撃、耐薬品性能を装備。撮像素子は、有効約2000万画素の1/2.3型CMOSセンサーを採用した。光学5倍ズームに対応。動画撮影は4K記録が可能だ。背面モニターは、3型液晶(約104万ドット)を搭載する。

本体サイズは118.2(幅)×65.5(高さ)×33.1(奥行)mm(操作部材、突起部を除く)、約249g(電池、SDメモリーカード含む)、約222g(本体のみ)。

価格は120,000円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング