MSI、簡易水冷クーラーを搭載した「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」

価格.com 新製品ニュース / 2019年3月20日 12時51分

写真

GeForce RTX 2080 SEA HAWK X

MSIは、ビデオカード「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」を発表。3月21日より発売する。

NVIDIAのGPU「GeForce RTX 2080」を搭載したオーバークロックモデル。120mmトルクスファンを備えたアルミラジエーターと、銅製マイクロフィンベースをポンプに採用した簡易水冷ユニットを搭載することで、最大ブーストクロック1840MHzによる安定動作を実現している。

また、カード上にもファンを備えることで、メモリーや電源回路の冷却性を向上。独自のオーバークロックユーティリティ「Afterburner」の最新バージョンでは、「RTX 20」シリーズ用のOCスキャナーが搭載され、システムに応じてより高クロックで安定したオーバークロック動作を試すことが可能だ。

さらに、カード背面にはMSIロゴをあしらったアルミ製バックプレートを採用。ビデオカードを保護するとともに冷却の手助けもする。

主な仕様は、ブーストクロックが1860MHz、データレートが14Gbps、メモリーインターフェイス幅が256bit。ビデオメモリーはGDDR6で、容量が8GB。

このほか、PC接続インターフェイスはPCI Express 3.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、USB Type-C×1を装備。補助電源コネクターは8ピン×1+6ピン×1。

市場想定価格は119,800円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング