ソニー、Dolby Atmos/DTS:Xに対応したサウンドバー「HT-X8500」

価格.com 新製品ニュース / 2019年3月26日 16時19分

写真

HT-X8500

ソニーは、サウンドバー「HT-X8500」を発表。4月20日より発売する。

高さ方向の音を表現する独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」と、平面方向に前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」を組み合わせることで、バースピーカー1本で3次元の立体音響を実現したのが特徴だ。

また、天井に設置するトップスピーカーや、天井からの反射音を利用しないため、部屋の形状やレイアウトの影響を受けにくく、より手軽に臨場感のある音響空間を楽しめる。

さらに、従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を足すことで、前後左右に広がる従来のサラウンド音場に高さ方向の表現力を加えた「ドルビーアトモス」と「DTS:X」に対応する。

なお、「Vertical Surround Engine」や「S-Force PRO フロントサラウンド」はテレビ放送などに多いステレオ信号にも働くため、「ドルビーアトモス」や「DTS:X」に対応していない映画やゲーム、スポーツや音楽などさまざまなコンテンツも立体音響で楽しめる。

入力信号では、4K HDRパススルーに対応。HDR10、HLG、Dolby Visionにも対応することで、Ultra HD ブルーレイや衛星放送などの4Kコンテンツの色鮮やかな映像を高音質とともに楽しめる。加えて、非圧縮の5.1ch・7.1chや、「ドルビーアトモス」「DTS:X」といった音声フォーマットを伝送できるeARCに対応する。

このほか、Bluetooth接続にも対応。実力最大出力は、フロントが40W+40W、サブウーハーが80W。スリムな形状で、テレビ台やラックなど、テレビ前の限られたスペースにも収めることが可能だ。本体中央の前面にサブウーハーを2基内蔵し、コンパクトながら力強い重低音を実現する。

本体サイズは89(幅)×6.4(高さ)×9.6(奥行)cm。重量は3.1kg。

市場想定価格は40,000円前後(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング