シャープ、「AQUOS zero」のSIMフリー版「SH-M10」を4月9日より順次発売

価格.com 新製品ニュース / 2019年4月3日 10時40分

写真

「SH-M10」

シャープは、6.2型スマートフォン「AQUOS zero」のSIMフリーモデルとして、「SH-M10」を4月9日より順次発売すると発表した。

「AQUOS zero」は、同社が国内で生産したという、有機ELディスプレイを装備したモデル。画面は約6.2型で、解像度がWQHD+(2992×1440ドット)。100万:1の高コントラストと、DCI-P3規格(デジタルシネマの標準規格)のカバー率100%の広色域を実現した。さらに、「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」によるなめらかな階調表現と豊かな色調で、「リアルで色鮮やかな映像を映し出す」という。

ボディは、ディスプレイの中央に向かってゆるやかに盛り上がる、独自のラウンドフォルムを採用。指の動きに合った、自然なタッチ操作が行えるとのこと。さらに、側面を含むフレームにマグネシウム合金を、背面には、軽量で強度の高いアラミド繊維「テクノーラ」を使用した。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 845」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが128GB。カメラ機能は、アウトカメラが有効約2260万画素、インカメラが約800万画素。バッテリー容量が3130mAh。IPX5/IPX8の防水性能とIP6X相当の防塵性能を装備。OSは「Android 9.0」をプリインストールする。

本体サイズは73(幅)×154(高さ)×8.8(奥行)mm、重量は約146g。ボディカラーはアドバンスドブラックを用意する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング