20分でコールドブリューコーヒーを楽しめる 「電動水出しコーヒーメーカー」

価格.com 新製品ニュース / 2019年4月11日 14時35分

写真

電動水出しコーヒーメーカー

アイ・ティー・シーは、同社ブランド「livease(リヴィーズ)」より、「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」を発表。5月27日より発売する。

抽出に通常8時間以上かかる水出しコーヒーをたった20分で抽出できる電動水出しコーヒーメーカー。土台部分のメインユニット内に搭載したポンプにより、繰り返し水がコーヒー粉を循環することで、本来8時間以上かかる水でのコーヒー抽出を20分に短縮できる。

また、抽出効率の下がる水出しコーヒーながら、繰り返しコーヒー粉を水が通過することで効率的に抽出を行う。従来のポットタイプなどの抽出方法と比べて約30%のコーヒー豆を節約可能だ(一般的な水出しコーヒーレシピ3種の平均使用量との比較)。

さらに、抽出時間とコーヒー粉の量を自由に調節することで、濃度の調節も可能。追加抽出もできるため、ポットでコーヒー粉を浸すだけでは難しい味の調節も簡単にできる。

主な仕様は、抽出方法がドリップ式、消費電力が2W、ポット容量が1050ml。本体サイズは210(幅)×270(高さ)×240(奥行)mm、重量が1.2kg。アダプターコード長が約1m。フィルターコンテナセット、アイスコンテナ、電源アダプターが付属する。

価格は9,800円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング