「タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン/平成バンクマン」を4/25発売

価格.com 新製品ニュース / 2019年4月19日 17時0分

写真

タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン

タカラトミーアーツは、500円玉専用のボイス貯金箱「タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン/平成バンクマン」を4月25日に発売すると発表した。

500円玉を入れるたびに、その日に合った昭和や平成の出来事をおしゃべりしてくれる貯金箱。見た目にもその時代を感じさせるデザインとなっており、「昭和バンクマン」には、昭和に開業した「東京タワー」が、「平成バンクマン」には平成に建った新しい電波塔「東京スカイツリー」が立っている。

貯金は最大100枚、5万円分まで貯金することが可能。1枚入れると「テレビ放送が、完全に地デジに切り替わった日 平成23年、テレビのアナログ放送が終了。8年をかけて行われた、アナログ放送からデジタル放送への切り替えが、完了したんだ。」など、「昭和バンクマン」は貯金した日に起きた昭和の出来事を、「平成バンクマン」は平成の出来事をおしゃべりする。

また、同じ日にもう1枚貯金をすると、最初におしゃべりした話に加え、「地デジへの完全移行を推進するため、『地デジカ』っていう鹿のキャラクターも活躍したよ。」など、その話に関する追加のネタをおしゃべりしてくれたりするという。

さらに、貯金を催促したり、現在の合計金額を教えてくれるほか、貯金を応援してくれたり、達成時にお祝いしてくれる機能なども搭載。お金をためるたびに「貯金すること」を楽しく盛り上げてくれる製品になっている。

このほか、対象年齢は15歳以上。バッテリーは単3形アルカリ乾電池×3本(別売り)。本体サイズは108(幅)×140(高さ)×114(奥行)mm。

価格は各6,980円(税別)。

昭和バンクマン:(C)TOKYO TOWER

平成バンクマン:(C)TOKYO-SKYTREE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング