エイサー、「DisplayHDR 600」対応の31.5型4K液晶ディスプレイ

価格.com 新製品ニュース / 2019年4月24日 17時0分

写真

ET322QKCbmiipzx

日本エイサーは、ET2シリーズより、31.5型4K液晶ディスプレイ「ET322QKCbmiipzx」を4月25日に発売すると発表した。

DisplayHDR 600およびHDR10に対応したモデル。「6軸カラー調節」機能を搭載し、従来の3原色(R/G/B)に、シアン、マゼンタ、イエロー(C/M/Y)を加えた6色で、色相や彩度を調節する。

また、メイン画面内にサブ画面を表示する「ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)」と、2画面を並べて表示する「ピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)」という、2種類の2画面同時表示に対応する。

このほか、長時間の視聴による目の疲れを考慮し、Acer VisionCare技術も採用。フリッカーレス、ブルーライトシールド、ローディミング機能と3つの機能により、快適な映像をサポートするという。

主な仕様は、画面解像度が3840×2160ドット、表示色が約10億7000万色、応答速度が4ms(GTG)。輝度は、HDR600モードのピーク時が600カンデラ、標準が400カンデラ。コントラスト比は、最大が1億 : 1、通常が3000 : 1。

インターフェイスは、HDMI 2.0×2(HDCP2.2対応)、DisplayPort v1.2×1。2W+2W出力のステレオスピーカーを内蔵する。

サイズは、約729.7(幅)×529.4(高さ)×237.5(奥行)mm。重量は約7kg(スタンド含む)。ボディカラーはブラック。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング