J:COM MOBILE、京セラ製の5型スマホ「BASIO3」を38,400円で発売

価格.com 新製品ニュース / 2019年4月25日 12時15分

写真

「BASIO3」

京セラは4月25日、ジュピターテレコム(J:COM)が展開する「J:COM MOBILE」向けに、スマートフォン「BASIO3」を製品化したことを発表した。同日より、J:COMから発売を開始する。

携帯電話のようなテンキー操作を行える「ケータイ文字入力」機能や、着信や新着メールを光って知らせる「電話・メールボタン」を搭載したモデル。見やすさと使いやすさに特化した、ホーム画面と操作ボタンも備える。IPX5/IPX8相当の防水性能やIP5X相当の防塵性能も採用した。

機能面では、画面全体から音を伝える「スマートソニックレシーバー」、通話中の相手の声が聞き取りにくい場合に「やわらかく」「はっきりと」「おさえめに」から聞きやすい音声に調整できる「ゆっくり通話」に対応した。

このほか主な仕様は、ディスプレイが約5型フルHD液晶、プロセッサーが「MSM8937」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。外部記録媒体は、microSDXCメモリーカード(最大256GB)に対応。カメラ機能は、メインが約1300万画素、サブが約500万画素。バッテリー容量は2940mAh。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

本体サイズは71(幅)×144(高さ)×9.9~10.1(奥行)mm、重量は約150g。ボディカラーはゴールド。

端末価格は、一括の場合が38,400円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング