ソフトバンク、4K有機ELスマートフォン「Xperia 1」を6/14発売

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月11日 14時21分

写真

Xperia 1

ソフトバンクは、6月中旬以降の発売を予定していた、2019年夏モデルのスマートフォン「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の発売日を決定。6月14日より発売する。

世界初の4K HDRに対応した、4K有機ELディスプレイを搭載するのが特徴。解像度は3840×1644ドット。約6.5型で画面比率21:9となる縦長の大画面で、2つのアプリを見やすく表示することも可能だ。

また、「Xperia」シリーズとして初めて、標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載。デジタル一眼カメラ「α」の技術を搭載することで、スマートフォンでは世界初となる、瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」に対応する。

さらに、1秒間に10コマの高速連写にも追従するオートフォーカスと自動露出機能で、動いている被写体でもピントや明るさが自動で調整された写真を撮ること可能だ。映画のような品質の動画撮影が楽しめる機能「Cinema Pro(シネマプロ)」を搭載する。

カメラの画素数は、メインカメラの3つとも1220万画素、サブカメラが約800万画素。

機能面では、360度あらゆる方向から音が流れるドルビーアトモスに対応。ワイドな映像と臨場感あるサウンドで、映画館にいるかのような没入体験を楽しめる。電池の消費を抑え、電池の持ちをよくする「STAMINAモード」と、充電の習慣を学習して充電速度を調整し、バッテリーの劣化を抑える「いたわり充電」にも対応する。

主な仕様は、ディスプレイが6.5型4K有機EL(3840×1644ドット)、プロセッサーが「SDM855」、メモリーが6GB、ストレージが64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大512GB)に対応。OSは「Android 9」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANと Bluetooth 5.0に対応。モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が988Mbps、送信が37.5Mbps。

このほか、IPX5とIPX8/IP6Xの防水/防じん、フルセグ、ワンセグに対応。バッテリー容量は3200mAh。バッテリー駆動時間は、連続通話が約1660分(FDD-LTE)/約1830分(W-CDMA)/約640分(GSM)、連続待受が約460時間(FDD-LTE)/約445時間(AXGP)/約490時間(W-CDMA)/約475時間(GSM)。

本体サイズは72(幅)×167(高さ)×8.2(奥行)mm。重量は約178g。ボディカラーは、パープル、ホワイト、ブラックの3色を用意する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング