東芝、4Kダブルチューナーを搭載した有機ELテレビ「レグザPro X930/X830」

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月13日 11時22分

写真

65X930

東芝映像ソリューションは、4K有機ELテレビ「レグザPro」の「X930」「X830」シリーズを発表。それぞれに65V型/55V型をラインアップし、「X930」シリーズを7月中旬より、「X830」シリーズを6月下旬より発売する。

有機ELテレビ「レグザPro」専用にチューニングした2019年仕様の有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載し、深層学習などのAI超解像技術を活用することで、4K放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現する。

また、HDR規格は、Ultra HD Blu-rayなどで採用しているHDR10規格、4K放送などで採用しているHLG HDR規格に加え、新たにHDR10+規格とDolby Vision規格に対応する。

USB HDD録画機能では、4Kチューナーを2基内蔵し、新4K衛星放送の裏番組録画に対応。地上/BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基内蔵しており、番組を視聴しながら、同時に別の2番組を録画できる。

■「タイムシフトマシン」を搭載した「X930」シリーズ

「X930」シリーズは、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」を搭載。7系統のHDMI入力端子や同軸デジタルオーディオ出力端子を搭載し、多数の外部機器を接続することが可能だ。

また、放送中の番組や録画番組を楽しみながら、放送中の地上デジタル放送最大6チャンネル同時にチェックできる「まるごとチャンネル」と、番組を見ながら、ほかのチャンネルを表示できる「ダブルウインドウ」を搭載。リモコンに見たい番組名やシーン名を話しかけて操作するボイスコントロールに対応する。

音質面では、ボックスの振動を抑え、SN感の高い低域再生が可能な対向型パッシブラジエーター方式の新型ボックスを搭載。パッシブラジエーター方式に最適化した新型フルレンジスピーカーと耐久力を向上させた新型シルクドームツィーターを内蔵し、総合出力50Wのマルチアンプで駆動させている。

市場想定価格は、65V型が550,000円前後、55V型が350,000円前後(いずれも税別)。

■「X830」シリーズ

「X830」シリーズは、「タイムシフトマシン」非搭載のモデル。音質面では、65V型に新開発のダブルフルレンジスピーカーと「X930」と同一のシルクドームツィーターを搭載。55V型モデルには新開発フルレンジスピーカーと「X930」と同一のシルクドームツィーターを搭載。両モデルともスピーカーユニットの性能を生かすために十分な容積のバスレフ型ボックスを採用する。

このほか、4系統のHDMI入力端子を搭載する。

市場想定価格は、65V型が490,000円前後、55V型が290,000円前後(いずれも税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング