キヤノン、光学10倍のズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を9月上旬に発売

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月9日 12時7分

写真

RF24-240mm F4-6.3 IS USM

キヤノンは、RFレンズの新製品として「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を発表。2019年9月上旬より発売する。

広角24mmから望遠240mmまでの幅広い焦点距離をカバーする、光学10倍ズームを実現した高倍率ズームレンズ。RFマウントの特徴である大口径・ショートバックフォーカスにより、画面の中心部から周辺部まですぐれた描写性能を実現する。

また、旅行をはじめ、スナップや風景、ポートレートなど幅広い撮影シーンに対応。シャッタースピード換算で約5段分の高い手ブレ補正効果を実現し、望遠や夜景などの手ブレが発生しやすいシーンでもブレを抑えた撮影が可能だ。

さらに、独自開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載し、AFを高速化。「EOS Rシステム」のミラーレスカメラに搭載している「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせで、静止画撮影時における高速・高精度AFと、動画撮影時における滑らかなAFを実現している。

主な仕様は、画角が74度~8度35分(水平)/53度~5度45分(垂直)/84度~10度20分(対角線)、レンズ構成が15群21枚、絞り羽根枚数が7枚(円形絞り)、最小絞りが36、最短撮影距離が0.5m、最大撮影倍率が0.26倍(240mm時)、フィルター径が72mm。

このほか、本体サイズは80.4(最大径)×122.5(長さ)mm。重量は約750g。

直販価格は120,000円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング