SANSUI、“レトロデザイン”の真空管ハイブリッドアンプ搭載CDステレオ2機種

価格.com 新製品ニュース / 2019年8月14日 10時50分

写真

SMC-500BT

ドウシシャは、「SANSUI」ブランドより、真空管ハイブリッドアンプとW-RPM(和紙相対抄紙)スピーカーを採用した、Bluetooth対応CDステレオシステム2機種を発表。「SMC-500BT」を8月下旬より、「SMS-850BT」を8月中旬より発売する。

■「SMC-500BT」

「70年代のステレオレシーバーを彷彿させるデザイン」を施したモデル。75W+75W、総合150Wのハイパワーハイブリッドアンプを装備する。また、シャーシ全体を包み込む、硬質MDF木製キャビネットを採用し、不要な共振をおさえるという点も特徴。フォノ専用端子も装備した。

このほか、Bluetooth機能、CD再生、USBメモリーによるMP3/WMA再生、FMワイドバンドチューナーといった機能を搭載する。本体サイズは350(幅)×138(高さ)×235(奥行)mm(突起物含む)、重量は約5.2kg。スピーカー(1本)のサイズは180(幅)×318(高さ)×250(奥行)mm、重量は約4.5kg。

市場想定価格は50,000円前後(税別)。

■「SMS-850BT」

「フロントローディングCDメカ」を採用した、省スペース一体型デザインを施したモデル。コンパクトなサイズながら、W-RPMウーファー2WAYスピーカーを採用するなど、音質にもこだわったという。「あたたかく光る真空管がインテリアにも適している」とのことだ。

このほか、Bluetooth機能、CD再生、USBメモリーによるMP3/WMA再生、FMワイドバンドチューナーといった機能を搭載。定格出力は15W+15W(総合30W)。本体サイズは392(幅)×148(高さ)×204(奥行)mm、重量は約4kg。

市場想定価格は30,000円前後(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング