JBL、ライトショー機能を搭載したBluetoothスピーカー「PARTYBOX 100」

価格.com 新製品ニュース / 2019年9月4日 6時24分

写真

ハーマンインターナショナルは、オーディオブランド「JBL」より、Bluetoothスピーカー「JBL PARTYBOX 100」を9月6日に発売すると発表した。

従来モデル「JBL PARTYBOX 300」の機能を引き継ぎながら、軽量化を実現したコンパクトモデル。133mm径ウーハー2基と、57mm径ツイーター2基を搭載。迫力のある重低音と、それに埋もれないクリアでエネルギーあふれるパワフルなサウンドを再生するという。

これに加えて、光による演出を行える「ライトショー機能」を搭載した。ウーハー外周にリング状ライト、上下にストロボライト2つをそれぞれ装備。ライティング効果は、音楽のレベルメーターを光で表現する「メーターモード」、光が点滅する「パルスモード」、光が回転して見える「パーティーモード」の3パターンを用意した。また、ストロボライトのオン/オフや、ライティングのオフも個別に設定が可能だ。

さらに、個別に音量調節が可能なマイク入力や、エレキギターのアンプ入力ができる端子を搭載。これにより、スマートフォンやUSBからの音楽再生中にミキシングすることが可能となった。

このほか、充電時間は約3.5時間(高速充電時)で、最大約12時間の連続再生が可能。USBチャージング機能も備えているため、スマートフォンなどのデバイスへの給電にも対応する。

仕様面では、底面と両側面にゴム脚を装備し、縦置き/横置きのいずれにも対応。また底面にはポール三脚用穴も備え、三脚に取り付けてセッティングすることもできる。

Bluetoothのバージョンは4.2(伝送範囲:Class2)、対応プロファイルはA2DP V1.3、AVRCP V1.6をサポートする。本体サイズは290(幅)×551(高さ)×288(奥行)mm、重量は9.7kg。ボディカラーはブラック。AC電源コードが付属する。

直販価格は29,880円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング