日立、室外熱交換器を自動で掃除する「白くまくん プレミアムX」11機種

価格.com 新製品ニュース / 2019年9月6日 13時0分

写真

RAS-X40K2

日立ジョンソンコントロールズ空調は、「白くまくん」プレミアムXシリーズ全11機種を、10月末より販売開始すると発表した。

業界で初めて(※同社調べ。国内家庭用エアコンにおいて)、「年間を通して室外熱交換器を凍結させて洗浄する技術」を採用したシリーズ。エアコンの室外熱交換器を自動で掃除する機能を搭載した。

具体的には、定期的に室外機の熱交換器を凍らせ、霜を溶かして汚れを洗い流すことで、室外熱交換器の自動洗浄を行う。またこれに加え、運転停止後にファンを逆回転することで、大きなホコリをはがす仕組みも採用。この2つの働きにより、汚れによる風量低下の抑制とムダな電気代のカットに貢献するという。

また、室内機のクリーン機能として、エアコン室内機の内部を24時間モニタリングし、プラズマイオンの充満や加熱・低湿制御を行い、カビを抑制する「カビバスター」機能を採用。加えて、「凍結洗浄」「ファンロボ」でカビとホコリを洗い流し、エアコン内部をより清潔に保つとのことだ。

ラインアップは、単相100Vが、RAS-X22K(定格冷房能力:2.2 kW)、RAS-X25K(2.5 kW)、RAS-X28K(2.8 kW)、RAS-X36K(3.6 kW)。

単相200Vが、RAS-X36K2(定格冷房能力:3.6 kW)、RAS-X40K2(4.0 kW)、RAS-X56K2(5.6 kW)、RAS-X63K2(6.3 kW)、RAS-X71K2(7.1 kW)、RAS-X80K2(8.0 kW)、RAS-X90K2(9.0 kW)。

価格はいずれもオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング