ASUS、オリジナル3連ファンを採用した「Radeon RX 5700XT/5700」

価格.com 新製品ニュース / 2019年9月13日 6時11分

写真

ROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMING

ASUS JAPANは、ビデオカードの新製品として「ROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMING」と「ROG-STRIX-RX5700-O8G-GAMING」を発表。9月13日より発売する。

いずれも、オリジナル3連ファンを採用したモデル。「ROG」シリーズのビデオカード用に新しく設計されたAxial-techファンを搭載。大型ブレード用の小型ハブと下向きの空気圧を高めるためのバリアーリングを備えている。

また、GPUコアの温度が60度を下回ったときにファンの回転を止められる「0dB テクノロジー」に対応し、負荷の軽いゲームを静かにプレイすることが可能だ。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転する。

さらに、基板上にファンモードの切り替えが可能なスイッチを搭載。ファンが常に回転してカードを低温に保つ「Performance」モードと、パワーターゲットの設定が優先され、指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを描く「Quiet」モードに切り替えられる。

■「ROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMING」

AMDのGPU「Radeon RX 5700 XT」を搭載したモデル。主な仕様は、ブーストクロックが2010MHz(OCモード時2035MHz)、ゲームクロックが1905MHz(OCモード時1965MHz)、メモリーインターフェイス幅が256bit。ビデオメモリーはGDDR6で、容量が8GB。

このほか、PC接続インターフェイスはPCI Express 4.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1を装備する。補助電源コネクターは8ピン×2。

価格はオープン。

■「ROG-STRIX-RX5700-O8G-GAMING」

AMDのGPU「Radeon RX 5700」を搭載したモデル。主な仕様は、ブーストクロックが1750MHz、ゲームクロックが1725MHz、メモリーインターフェイス幅が256bit。ビデオメモリーはGDDR6で、容量が8GB。

このほか、PC接続インターフェイスはPCI Express 4.0 x16。ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1を装備する。補助電源コネクターは8ピン+6ピン。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング