アイ・オー、応答速度0.6msに対応した24.5型ゲーミングモニター「GigaCrysta LCD-GC252SXB」

価格.com 新製品ニュース / 2019年9月26日 6時11分

写真

GigaCrysta LCD-GC252SXB

アイ・オー・データ機器は、24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「GigaCrysta LCD-GC252SXB」を発表。9月末より発売する。

オーバードライブ機能を搭載し、応答速度0.6ms[GTG]を実現した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ。超解像機能やオーバードライブ機能を有効にしていても、内部遅延時間が約0.02フレーム(約0.2ミリ秒)を実現。特に動きの速いゲームでは、操作と表示のズレが少なく、威力を発揮するという。

また、リフレッシュレートは75Hzに対応。一般的な60Hzのディスプレイより、1.25倍高速に映像を表示させることで、なめらかで美しい映像を表示することが可能だ(75Hzの出力に対応した機器が必要)。

さらに、「AMD FreeSync テクノロジー」に対応し、GPUとディスプレイのリフレッシュレートを同期させることで、ティアリング(映像のずれ)やスタッタリング(画面の引っ掛かり感)を防止できる。

機能面では、ゲームの暗いシーンをより鮮明に表示できる「Night Clear Vision」、映像にメリハリと鮮やかさを加える「エンハンストカラー」、低解像度の映像をクッキリ美しく映し出す「超解像技術」、映像を自動で判別して最適な明るさにする「CREX」、コンテンツに応じた映像表示ができる「画面モード」を搭載する。

主な仕様は、解像度が1920×1080ドット、液晶パネルがTN(ノングレア)、最大輝度が250カンデラ、コントラスト比が1000:1(CREX レベル2設定時は10100:1)、視野角が上下160度/左右170度、応答速度が5ms(オーバードライブレベル3設定時は0.6ms[GTG])。

ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort×1、HDMI×2、アナログRGB×1を装備。2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵する。

このほか、本体サイズは568(幅)×416(高さ)×215(奥行)mm(スタンドあり)。重量は約4.1kg(スタンドあり)。

直販価格は22,464円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング