1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

新型コロナの神奈川県内感染者、9週連続で減少 1医療機関当たり1.16人 インフルエンザ感染も減少続く

カナロコ by 神奈川新聞 / 2023年11月16日 20時20分

マスク(イメージ)

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は16日、県内363カ所の定点医療機関で報告された感染者数を公表した。6~12日の1週間で、1医療機関当たりの平均患者数は1.16人(前週比0.25人減)で、9週連続で減少した。

 報告された患者数は全県で422人。定点医療機関当たりでは、横浜市が1.20人、川崎市が1.07人、相模原市が1.45人、政令市以外の県域が1.08人だった。15日時点の入院者数は178人(前週比70人減)で、うち重症者は7人(同1人増)だった。

 また、同期間の季節性インフルエンザは定点医療機関当たりの平均患者数が12.53人(前週比5.79人減)で2週連続で減少した。

 報告された患者数は全県で4547人。定点医療機関当たりでは、平塚保健福祉事務所管内(23.45人)と厚木保健福祉事務所管内(21.95人)が高水準だった。横浜市は10.41人、川崎市は12.43人、相模原市は14.79人、政令市以外の県域は14.36人だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください