無煙たばこの開放感

太田出版ケトルニュース / 2013年11月1日 0時19分

太田出版ケトルニュース

アパレル、インテリア、カフェ、フィットネスなど、さまざまな事業展開で、次から次へと目覚ましい発展を遂げていくベイクルーズグループ。そこでクリエイティブプロデューサーを務める岩崎浩二さんにたばことの付き合い方、そしてこれからの喫煙者へオススメしたいアイテムについて語ってもらった。

「現在、国内外問わず喫煙者は過ごしにくくなってきていると思います。空港やカフェレストランなど、喫煙スペースが狭くなるなかで、僕がオススメしたいのは無煙たばこです。使い方は専用のカートリッジを差し込むだけ。火も使わず煙も出ないので、周りの人にもストレスを感じさせることなく、機内やレストランで好きな時にたばこが楽しめます。

また面白いデザインがどんどん増えてきているので、これからはファッションアイテムとしても気軽に取り入れられると思います。家の形をしたものは『minna』というプロダクトやグラフィックを手掛けるデザインチームが発表したデスクトップタイプです。煙突部分がカートリッジ式の無煙たばこになっていて、吸わないときはインテリアとしても活躍してくれます。

たばこにネガティブなイメージを持っている人も居るので、大人としてまわりの方への配慮は当たり前。ですが、それをわきまえた上で、自分の心を開放してくれる大切なアイテムでもあると思うので、この際、遊び心をプラスしてスタイリッシュに落とし込みたいものですね」

そう語る岩崎さんの、その他こだわりのアイテムも下記サイトで紹介中。

JT「ちょっと一服ひろば」
http://www.1puku.jp/

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング