伝説の戦争写真家に迫る写真展 「101年目のロバート・キャパ」

太田出版ケトルニュース / 2014年3月20日 11時24分

太田出版ケトルニュース

3月22日(土)より、東京・恵比寿の東京都写真美術館にて、戦争写真家・ロバート・キャパの写真展『101年目のロバート・キャパ-誰もがボブに憧れた』が開催される。

ロバート・キャパ(本名アンドレ・フリードマン)は1913年にハンガリーのブダペストで生まれ、30年代から54年まで、世界各地の戦場やそこに暮らす人々を写し続けた写真家。ヘミングウェイ、ピカソ、スタインベックら多くの芸術家との交友でも知られたキャパは、スペイン内戦、第二次世界大戦、インドシナ戦争など、いくつもの戦場で貴重な写真を撮影することに成功したが、54年に戦場で地雷に触れて死亡した。

同展はキャパの生誕101年を記念し、東京富士美術館のコレクションを中心に、彼の業績を振り返る展覧会。会場では日中戦争、ノルマンディー上陸作戦、北アフリカ戦線、パリ解放といった戦場写真や、同時代に生きる人々を撮影した愛とユーモアに溢れた作品が紹介されており、報道写真家界最高の栄誉とされる「ロバート・キャパ賞」の名の元となった伝説のカメラマン・ロバート・キャパの足跡をたどることができる。

『101年目のロバート・キャパ-誰もがボブに憧れた』は、2014年3月22日(土)~5月11日(日)まで、東京都写真美術館(目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内 JR「恵比寿駅」徒歩7分)にて開催。開館時間は10:00~18:00(木・金は20:00まで)。休館日は月曜(4月28日、5月5日は開館)、5月7日。料金は一般1100円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
101年目のロバート・キャパ-東京都写真美術館

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング