新宿の街が舞台のアートイベント開催 草間彌生は新作を公開

太田出版ケトルニュース / 2014年8月19日 9時18分

太田出版ケトルニュース

8月22日(金)より、東京の新宿駅周辺各所にて、毎年恒例の夏のアートイベント『新宿クリエイターズ・フェスタ2014』が開催される。

このイベントは、新宿駅西口の高層ビル群、駅周辺の施設、歌舞伎町、新宿中央公園、さらに神楽坂、市ヶ谷、初台などのサテライト会場などを舞台に、幅広いジャンルのクリエイターたちが、独創的なアート作品を披露するもの。もともとは学生のアートイベントとして出発したクリエイターズ・フェスタが今年で4回目を迎え、学生から著名アーティストまでが参加する一大イベントへと成長した。

今回は、世界的な前衛芸術家・草間彌生が、水玉の巨大な花の新作バルーンを世界初公開するほか、瀬戸内国際芸術祭や越後妻有アートトリエンナーレの総合ディレクター・北川フラム監修の「都市のユーモア展」、CGアートの第一人者・河口洋一郎の作品展、現代芸術家・椿昇の特別展示など、国内第一級のクリエイターが参加。

さらに未来の巨匠たちの力作が集う「学生アート」、ワークショップを中心とした「こどもアート」、新宿の街がアート会場となった「まちなかアート」、「シネ・フェスタ新宿2014」など、多彩なイベントが予定されている。

『新宿クリエイターズ・フェスタ2014』は、2014年8月22日(金)~9月7日(日)まで、新宿駅西口高層ビル街ほかにて開催(一部期間外も実施)。(文中敬称略)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
新宿クリエイターズ・フェスタ2014

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング