10代ガールズバンド「がんばれ!Victory」が無料ライブ開催中

太田出版ケトルニュース / 2014年10月6日 9時38分

太田出版ケトルニュース

佐賀県出身の5人組インディーズ・ガールズバンド「がんばれ!Victory」が、無料イベント「がんばれ!Victory交流試合『がんばれ!アコースティックライブ8連戦』」を8月31日から行っている。

今年の3月に高校を卒業したばかりの同級生からなる同バンドは、「絶対生音主義」「平成オールドロック」をテーマに掲げ、70年代から80年代のロックサウンドを取り入れて音楽活動をしている。

結成は2007年、彼女たちが小学6年生の時で、現在取り入れているロックサウンドは、当時の担任の先生にすすめられたそう。以降、精力的に活動を続けており、2011年に行われた全国高校生アマチュアバンド選手権大会「Teens Rock Festival in HITACHINAKA」では、見事優勝を果たした。

今年に入り、彼女たちは1月にファースト・ミニアルバム『KGSD』をリリースし、3月には高校卒業とともに上京した。現在は、がんばれ!Victory交流試合「がんばれ!アコースティックライブ8連戦」と題して、週一回のペースで10月20日まで都内・ポニーキャニオン1Fイベントスペースで無料アコースティックライブイベントを開催中。同イベントでは、11月26日にリリースされるニューシングル「ふらいはい!!!」のミュージックカードを予約販売している。

新曲「ふらいはい!!!」について、ギターを担当しているリーダーのRENAは、「“青春感”を持つ曲でメロディもいい。これを聴いて元気になってほしいです」とコメント。バンドの目標はすでに明確で、ボーカル担当のAYAKIは、「将来は、プロ野球チームの全部のホームグランドでライブや始球式などもやりたいです。選手入場曲にも採用してもらえるように頑張ります」と熱く語る。

10月25日には「東京・渋谷TSUTAYA O-nest」でワンマンライブが控えている。ベース担当のSHINOBUは、「今はワンマンライブに向けて全力で活動しています。ぜひ遊びにきてください」とアピールする。

メンバーは全員19歳と、あどけなさが残る同バンド。「私たちは、バンドであながらアイドルのイベントにも出させてもらっている“バンドル”なんです。アイドルのようにファンの人たちと一緒にライブで盛り上がれたら」とリーダーのRENAは話す。

【関連リンク】
がんばれ!Victory

太田出版ケトルニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング