ピカソが最も恐れダリが憧れた画家ジョルジョ・デ・キリコ大規模回顧展

太田出版ケトルニュース / 2014年10月21日 10時28分

太田出版ケトルニュース

10月25日(土)より、東京・汐留の「パナソニック 汐留ミュージアム」にて、ジョルジョ・デ・キリコの回顧展『ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰-』が開催される。

ジョルジョ・デ・キリコ(1888~1978)は、「形而上絵画」と呼ばれる技法を生み出したイタリアの画家。不自然な遠近感、時代性を超えたモチーフの共存、顔のないマネキンなどにより、実際に目に見える世界の裏側に秘められた不安や神秘、謎など表現した作品は、サルバドール・ダリやアンドレ・ブルトンら、後のシュルレアリストたちに大きな影響を与えた。

同展は、パリ市立近代美術館に寄贈された未亡人・イザベッラの旧蔵品を中心に、イタリアの美術館や個人、さらに日本国内の所蔵作品から、デ・キリコの各時代の代表作約100点を紹介するもの。形而上絵画を生み出した1910年代の作品から、突如古典主義に回帰し、ルネサンス期の巨匠の作品を模していた時期の作品、1960年代以降の「新形而上絵画」期の作品まで、デ・キリコの70年にもわたる創作人生をたどる展覧会となっている。

『ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰-』は、2014年10月25日(土)~12月26日(金)まで、パナソニック 汐留ミュージアム(港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4F 東京メトロ「新橋駅」徒歩6分)にて開催。開館時間は10:00~18:00。休館日は水曜(ただし12月3・10・17・24日は開館。入館料は当日一般1000円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
パナソニック 汐留ミュージアム

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング