菊池亜希子と菊地敦己のオリジナルバッグ ウェブで100個限定発売

太田出版ケトルニュース / 2014年10月24日 10時10分

太田出版ケトルニュース

10月14日発売の雑誌「クイック・ジャパンvol.116」にて、女優・モデルの菊池亜希子とデザイナーの菊地敦己がオリジナルバッグ作りに挑戦。現在ウェブ上でバッグが限定発売されている。

この企画は、各界のクリエイターが「SERIGRAPHY TOKYO」の工房を訪れ、オリジナルバッグ作りに挑戦するもの。SERIGRAPHY TOKYOは、東京・三軒茶屋にあるシルクスクリーン印刷専門のラボが立ち上げたバッグのブランドで、手作業でインキが刷られたプロダクトは、ファッション感度の高い人たちに注目されつつある。

今回のバッグ作りは、菊池亜希子が愛犬“ワカメ”を描いた自身のイラストをプレゼンテーションし、菊地敦己がデザイナー視点で意見を述べるというスタイルで進行。「大人っぽく持てるキラキラのアイテムがあったら欲しいなって」という菊池亜希子の希望が反映され、「オレンジ・緑・青のチェックにキラキラしたネコの絵柄をプリントしたもの」と、「チェック柄のホログラムの箔をプレスし、その上に黒いインキでネコのイラストを刷ったもの」という2パターンのバッグが完成した。

菊池が「ピクニック用のバッグかな。水筒とサンドイッチを入れたり」と語るバッグは、現在、SERIGRAPHY TOKYOのウェブサイト(http://www.serigraphy-tokyo.jp/cn10/pg183.html)で、100個限定で発売されている。価格は2万3000円(送料+税込)。(文中敬称略)

【関連リンク】
菊池亜希子×菊地敦己 ORIGINAL PARAFFIN

【関連リンク】
伊賀大介と佐内正史がオリジナルバッグ作成 ウェブで限定発売中
マーク・ジェイコブス監修の書店『BOOKMARK』 原宿にオープン
東西で異なるそばの味 駅そばにおける濃口と薄口の境界線は何駅?
ヴィレッジヴァンガードの旗艦店が渋谷センター街に登場

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング