劇団ひとり 「キス我慢選手権」で共演のみひろのDVDを完全網羅

太田出版ケトルニュース / 2014年11月10日 11時39分

太田出版ケトルニュース

深夜バラエティ『ゴッドタン』(テレビ東京系)の名物企画「キス我慢」の映画版第2作『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』が、10月17日より全国公開されている。そもそも「キスを我慢する」というこの企画は、いったいどのようにして生まれたのだろう? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.116で、劇団ひとりはこう説明している。

「もともと『ゴッドタン』という番組で、僕は3か月間のおためしレギュラーだったんです。その最後に『キス我慢選手権』の企画があって、最初に話を聞いたときはわけわからなくて。『キスを我慢してください』って言われても、『いや、我慢できるし、何が面白いんですか』って(笑)。でも佐久間(宣行。プロデューサーであり今回は監督)さんは自信があったみたいなのでやってみたらえらいハネて」

その数か月後にもう1回同じ企画が行われ、また評判が良かったので、現在に至るキス我慢選手権。劇団ひとりは、「『ゴッドタン』のいまがあるのは何がきっかけかなと考えると、みひろがいちばんデカい」「彼女が『キス我慢選手権』のヒロインに選ばれたことが全て」と、みひろを絶賛するが、それまでみひろのAVを見たことはあったのだろうか?

「えっと……見てなかったです。逆ですね。……何が逆なのか(笑)。みひろさんと出会ってからみひろさんのDVDを揃えて、一時期はコンプリートしていました。僕はメイキングもちゃんと観るタイプなんですけど、アダルトビデオのドラマの部分って男にとってはけっこうどうでもいいじゃないですか。でも、そのドラマの部分のリハーサルからガチで泣いて芝居していたんですよ。この子は本当に芝居が好きなんだなあと」

みひろについては、“未見”のまま本人に会ったが、今作のヒロイン・上原亜衣については、「僕がもともと現場でよく言ってたんですよ、『上原亜衣かわいい』って」という経緯があったのだそう。劇団ひとりは、上原を「アダルトビデオ見てる感じで言うと、どちらかと言うと芝居に重点を置いてないタイプ」と見ていたものの、実際には、「ここまでアドリブ演技ができるとは」と、その技量に舌を巻いたそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.116(2014年10月14日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.116

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング