東京都庭園美術館 大規模改修工事終了しリニューアルオープン

太田出版ケトルニュース / 2014年11月21日 9時23分

太田出版ケトルニュース

東京・白金台の「東京都庭園美術館」が、3年にわたる大規模改修工事を終え、11月22日(土)にリニューアルオープンする。

フランスのアール・デコがふんだんに取り入れられた同館は、1933年に日仏の建築家や職人らの手によって作り上げられた。朝香宮夫妻が暮らした同館は、吉田茂首相官邸、迎賓館などを経て、1983年に都立美術館として一般公開され、1993年には東京都指定有形文化財の第1号に指定。建物の保存を目的とした修復・復刻作業および新館の改築工事がこのたび約3年ぶりに完了し、従来のラインナップに加え、新たな展示室が完成した。

11月22日からは、リニューアルオープンを記念し、改修工事の成果を紹介する『アーキテクツ/1933/Shirokaneアール・デコ建築をみる』展、および『内藤礼 信の感情』展を同時開催。朝香宮邸建築に携わった設計者や技術者らに焦点をあて、アール・デコ建築が生まれる過程をたどるほか、内藤礼の新作により、新館のホワイトキューブ空間に命と色が吹き込まれる。

両展覧会は2014年11月22日(土)~12月25日まで、東京都庭園美術館(港区白金台5-21-9 都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」徒歩6分)にて開催。開館時間は10:00~18:00(12月22日~25日は20:00まで)。料金は一般700円。

【関連リンク】
東京都庭園美術館

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング